コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネビキグサ

百科事典マイペディアの解説

ネビキグサ

アンペライとも。マレーシアを中心に熱帯各地に自生するカヤツリグサ科の多年草。沼沢地に生じ,中国南部では水田に栽培する。日本では東海地方から沖縄にはえる。茎は長さ2mに達するが,葉は退化して鱗片状となり,茎の基部を包む。
→関連項目繊維作物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネビキグサ
ねびきぐさ / 根引草
[学]Machaerina rubiginosa (Spreng.) T. Koyama

カヤツリグサ科の多年草。アンペライともいうが、莚(むしろ)を編むのに用いるアンペラとは関係がない。太い根茎がある。茎は円柱形で高さ0.3~1メートル。葉は根生し、断面は円形または楕円(だえん)形。夏から秋、茎の上部に数個の花序をつくり、茶褐色の小穂をつける。日当りのよい湿地に生え、関東地方以西の本州から沖縄、インドネシア、オーストラリア、インドに分布する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネビキグサの言及

【ヒトモトススキ】より

…基本変種は両半球の熱帯に広く分布する。 ネビキグサMachaerina rubiginosa (Spreng.) T.Koyamaは本種にやや近縁の1種で,ネビキグサ属に入る。本州中部の太平洋岸からスリランカ,インドネシア地方に分布し,円柱形の葉がアンペラソウに似ているので,アンペライ(イラスト)の別名があるが,まぎらわしい。…

※「ネビキグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネビキグサの関連キーワードアンペラ藺藺牟田池

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android