コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーミングライツ ねーみんぐらいつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ネーミングライツ

スポーツ施設スポンサーとなる企業名やブランド名を付ける権利命名権。これによって施設所有者が建設や運営維持にかかる資金を得られることになる。アメリカではメジャーリーグなどさまざまなスポーツのスタジアムが命名権を導入し、施設使用料だけに頼らず安定した収入を得ている。東京都調布市の「味の素スタジアム」は、石原慎太郎東京都知事が日本で初めてネーミングライツを導入すると発表し、味の素が5年間12億円の契約で買い取り、2003年3月からこの名前が使われている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ネーミング‐ライツ(naming rights)

名前をつける権利。特に、球場劇場などの施設に名称をつける権利。施設所有者が企業などに販売することが多い。命名権。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ネーミングライツ【naming rights】

企業名・ブランド名などを、スタジアムなどの施設の名称にする権利。また、そのような広告手法。命名権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネーミングライツ
ねーみんぐらいつ
Naming Rights

広義には人や事物、科学的な発見(事物・事象)などに命名することのできる権利をいう。新発見の元素や天体の場合は発見者に、生物の場合は一般的に論文の記述者に命名権がある。最近では、人の多く集まるスポーツ施設(野球場やサッカー場)や文化施設(音楽ホールや文化センターなど)に、企業名や商品名をつける権利を、とくにネーミングライツとよんでいる場合が多い。施設の所有者は命名権を企業などに譲渡することで企業から資金を得ることができ、命名権を獲得した企業は、施設への命名によって、メディアなどを通じて広く企業名や商品名をPRすることができる。
 従来からイベントなどにスポンサー名をつけるなどのネーミングライツは存在したが、施設そのものの命名権の売買は、1970年代にアメリカで生まれ、90年代後半からビジネスとして成立してきた。日本初のネーミングライツによる施設の命名はサントリー東伏見アイスアリーナ(1997~2006)、公営施設としては味の素スタジアム(2003~)が最初である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネーミングライツの関連キーワード神奈川工科大学厚木市子ども科学館横浜こども科学館東京スタジアム冠スポンサー髪毛黒生駅県民ホール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネーミングライツの関連情報