コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーメト ネーメト Németh László

3件 の用語解説(ネーメトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーメト
ネーメト
Németh László

[生]1901.4.18. ナジバーニャ
[没]1975.3.3. ブダペスト
ハンガリーの作家,評論家。初め歯科医や校医生活をしたが,若い頃から雑誌『西洋』に寄稿して認められ,1932年には雑誌『証人』 Tanúを発刊し,「民衆派」作家の理論的指導者となった。第2次世界大戦後のハンガリー文壇の長老として,国際的にも広く知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネーメト

ハンガリーの作家。1920年代に西欧的手法の小説で《ニュガト(西方)》誌に注目され,頭角をあらわすが,1930年代には民衆派に転じ,雑誌《証言》に拠って,グループの理論的支柱となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ネーメト【Németh László】

1901‐75
ハンガリーの作家。《ホルバート夫人死す》(1925)で《ニュガト(西方)》誌の賞を得たが,1932年袂を分かち,雑誌《証言》を創刊し,民衆派作家の理論的支柱となる。小説《罪》(1936)では,貧しい日雇いと知識人の出会いを通して農村と知識人の問題を扱った。地方の知識人家族を3世代にわたって描き出した長編《エーゲテー・エステル》(1956)などで戦後ハンガリー文壇の第一人者となった。ほかに社会劇,歴史劇,エッセーもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のネーメトの言及

【ハンガリー】より

…しかし1989年以後,これは半民営化され,市場経済の中に組み込まれようとしている。 文化活動では,リスト,コダイ,バルトークの伝統を引き継いだ音楽,ペテーフィ,アディ,イエーシュ,ネーメト,モーリツらの伝統を受けた文学など,多彩なものがある。いずれの分野においても,都市的な〈近代主義〉と農村的な〈人民主義〉の2要素の対抗関係で語られることが多い。…

※「ネーメト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネーメトの関連キーワードオーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲イタルバーに死すハンガリー幻想曲ハンガリー田園幻想曲ハンガリー舞曲集ハンガリー国立バレエ団ハンガリー岩ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ《ブラッドストリート夫人賛歌》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネーメトの関連情報