コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーメト ネーメトNémeth László

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネーメト
Németh László

[生]1901.4.18. ナジバーニャ
[没]1975.3.3. ブダペスト
ハンガリーの作家,評論家。初め歯科医や校医生活をしたが,若い頃から雑誌『西洋』に寄稿して認められ,1932年には雑誌『証人』 Tanúを発刊し,「民衆派」作家の理論的指導者となった。第2次世界大戦後のハンガリー文壇の長老として,国際的にも広く知られている。地方町の生活を扱った心理小説が多く,おもな作品には,長編小説『喪』 Gyász (1936) ,『罪』 Bün (36) ,『懼れ』 Iszony (47) ,『エーゲテー・エステル』 Égetö Eszter (56) などがあり,歴史劇社会劇の作品も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ネーメト

ハンガリーの作家。1920年代に西欧的手法の小説で《ニュガト西方)》誌に注目され,頭角をあらわすが,1930年代には民衆派に転じ,雑誌《証言》に拠って,グループの理論的支柱となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネーメト【Németh László】

1901‐75
ハンガリーの作家。《ホルバート夫人死す》(1925)で《ニュガト(西方)》誌の賞を得たが,1932年袂を分かち,雑誌《証言》を創刊し,民衆派作家の理論的支柱となる。小説《罪》(1936)では,貧しい日雇いと知識人の出会いを通して農村と知識人の問題を扱った。地方の知識人家族を3世代にわたって描き出した長編《エーゲテー・エステル》(1956)などで戦後ハンガリー文壇の第一人者となった。ほかに社会劇,歴史劇,エッセーもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のネーメトの言及

【ハンガリー】より

…しかし1989年以後,これは半民営化され,市場経済の中に組み込まれようとしている。 文化活動では,リスト,コダイ,バルトークの伝統を引き継いだ音楽,ペテーフィ,アディ,イエーシュ,ネーメト,モーリツらの伝統を受けた文学など,多彩なものがある。いずれの分野においても,都市的な〈近代主義〉と農村的な〈人民主義〉の2要素の対抗関係で語られることが多い。…

※「ネーメト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネーメトの関連キーワードハンガリー演劇ハンガリー文学

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネーメトの関連情報