社会劇(読み)しゃかいげき(英語表記)social drama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会劇
しゃかいげき
social drama

劇中の出来事や登場人物のおかれる状況を,社会的環境や社会問題との関連のなかで描いた演劇。近代以降に登場した形態で,市民劇写実劇は,しばしば社会劇の形をとる。 H.イプセンや G.B.ショーをはじめ B.ブレヒトの諸作品,M.ゴーリキーの『どん底』,A.ミラーの『セールスマンの死』などがその代表的な作品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいげき【社会劇】

一般には19世紀ヨーロッパのリアリズム演劇のなかで,近代社会のもろもろの問題をとりあげ現状を批判的に描いた作品を指す。〈社会問題劇〉または単に〈問題劇〉ともいう。フランスのデュマ・フィスやÉ.オージェの劇は〈問題劇pièce à thèse〉と呼ばれたが,問題の掘下げ方は表面的だった。C.F.ヘッベルの《マリア・マグダレーナ》(1844)やB.ビョルンソンの《新婚夫婦》(1865),《破産》(1875)などに続いて,イプセンが社会劇を確立したとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいげき【社会劇】

主題を社会問題に置いた劇。個人と集団・社会、または集団と集団との矛盾・衝突を描く。イプセンの「人形の家」、ハウプトマンの「はた織りたち」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃかい‐げき シャクヮイ‥【社会劇】

〘名〙 劇中の事件の社会的背景や基盤、登場人物の属する社会的環境や階級などを重視する演劇、戯曲。社会的関心の強い思想性のある劇。イプセンの「人形の家」「民衆の敵」、ハウプトマンの「織工」、ゴーリキーの「どん底」などはその古典的作品。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の社会劇の言及

【近代劇】より

…このような時代背景の中で,個我の目覚めと市民的自由を追求した近代芸術は,必然的に同時代社会の諸矛盾に批判の光を投げかけるものとなった。近代リアリズム演劇もまた,社会問題から人間の内面的問題にまで及ぶ〈問題劇〉たる性格をあらわにする(社会劇)。この種の劇は既成劇場でなかなか受け入れられず,若い演劇人による〈小劇場〉運動によって広められていったが,その運動はヨーロッパの外までも波及し,日本では明治後期から形をなしてくる〈新劇〉運動の基盤ともなった。…

※「社会劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会劇の関連情報