ノウサンゴ(脳珊瑚)(読み)ノウサンゴ(英語表記)brain‐coral

世界大百科事典 第2版「ノウサンゴ(脳珊瑚)」の解説

ノウサンゴ【ノウサンゴ(脳珊瑚) brain‐coral】

花虫綱六放サンゴ亜綱キクメイシ科の腔腸動物(刺胞動物)の1種,またはノウサンゴ属の種類の総称。ノウサンゴPlatygyra lamellina(イラスト)は駿河湾から南太平洋にかけて広く分布し,造礁サンゴの重要な1種。盤状または塊状の群体になり,大きなものでは直径1m以上になる。莢壁(きようへき)にとりかこまれた莢孔は長くうねって全体が脳状になり,隔壁は1cmに12~18本ある。昼間ポリプをのばさず,緑色の莢孔内に隠れているが,夜になると活動を始め,半透明触手を数cmものばす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android