コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノギラン(芒蘭) ノギランMetanarthecium luteo-viride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノギラン(芒蘭)
ノギラン
Metanarthecium luteo-viride

ユリ科の多年草。日本各地の山地の日当りのよい草地に生える。根茎は短く直立し,多数のひげ根がある。葉は多数根生し,ロゼットになる。長さ 20cm内外,倒披針形であるが,変異に富む。7~8月,高さ 30cmほどの花茎を伸ばし,頂部に細長い穂状の総状花をつくり,多数の淡黄赤色の小花をつける。 蒴果は卵形で長さ約 5mm。ネバリノギラン Aletris foliataは外形がよく似ている別属の多年草で,花の子房が下位であり,花序 (穂) 全体が粘るので区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android