コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノベチェント ノベチェント Novecento

3件 の用語解説(ノベチェントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノベチェント
ノベチェント
Novecento

イタリアの文芸雑誌。「20世紀」の意。季刊。 1926年にローマボンテンペッリマラパルテが創刊。初めはすべてフランス語の作品で埋められ,サブタイトルもフランス語で"Cahiers d'Italie et Europe" (イタリアヨーロッパ誌) と記されていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノベチェント
ノベチェント
Novecento

美術用語。 1922年にミラノで結成されたイタリアの具象美術家集団の名称。ノベチェントイタリア語で「20世紀」を意味する語。この運動はイタリア 20世紀派とも呼ばれ,「偉大なイタリアの過去への復帰」を目指し,26年結成のファシズムと結びついた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノベチェント
のべちぇんと
Novecento

イタリアの文学雑誌。「1900年代」の意。1926年、M・ボンテンペッリとC・マラパルテによってローマで創刊された。初めの2年間はフランス語、あとは29年6月の廃刊までイタリア語で発行された。編集顧問にはJ・ジョイスエレンブルグの名がみえることからもわかるように、同時代のヨーロッパの文学的営為に門戸を開くことによって、イタリア文化の地方性からの脱皮を目ざした。マラパルテは27年に編集から抜け、「魔術的レアリズム」を唱えるボンテンペッリが同誌を主導した。印象主義ダダイスムシュルレアリスムなどの時代思潮を紹介し、M・ジャコブ、V・ウルフ、D・H・ローレンスらが寄稿者に名を連ねた。またモラービアアルバーロらイタリアの新進作家を数多く輩出させた功績も見落とせない。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノベチェントの関連キーワードガッダ文芸イタリアンカルボナリANSAイタリア 150 トリオイタリアのハロルドイタリア料理の日パンシナ文芸雑誌

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone