コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボセロフ ノボセロフNovoselov, Konstantin Sergeevich

2件 の用語解説(ノボセロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボセロフ
ノボセロフ
Novoselov, Konstantin Sergeevich

[生]1974.8.23. ニジニータギル
ソビエト連邦生まれの物理学者ロシアイギリスの市民権をもつ。モスクワ物理工科大学 MIPTで修士号取得後,2004年オランダのラドバウト・ナイメーヘン大学高磁場研究所でアンドレガイムとの研究により博士号取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボセロフ
のぼせろふ
Konstantin Novoselov
(1974― )

物理学者。ロシア(当時はソ連)中部のスベルドロフスク州の都市ニジニー・タギル生まれで、イギリスとロシアの国籍をもつ。モスクワ物理技術大学大学院を修了後、オランダのナイメーヘン大学の研究者となり、このときアンドレイ・ガイムの共同研究者となった。その後、ガイムとともにイギリスのマンチェスター大学へ移ったが、博士号はナイメーヘン大学から2004年に取得した。グラフェンGrapheneという物質の製法を研究開発2010年に「二次元物質グラフェンに関する革新的な実験」の業績により、ガイムとともにノーベル物理学賞を受賞した。
 2004年に、ノボセロフとガイムの二人は、厚さ1ミリメートルの黒鉛を粘着テープではがすことを繰り返し、炭素1個分の薄さの物質をつくることに成功した。この物質は、炭素が六角形につながったシート状のものであり、厚みは原子1個分しかない。これがグラフェンである。そして、グラフェンを丸めた形にしたものがカーボンナノチューブである。
 グラフェンは、金属ではないのに電気を通し、室温でもシリコンの1000倍の速さで電子が移動する。また、グラフェンはガスも通さないほど緻密だが透明であるという物理特性が確認され、シリコンに代わる電子素材として世界中で応用研究が盛んになった。携帯端末の透明なタッチパネル、太陽電池、超高速トランジスタなど、グラフェンを用いた実用機器の利用が爆発的に広がっている。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノボセロフの関連キーワードポルトガル文学藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー日活(株)臨時工宇宙戦艦ヤマト伊豆半島沖地震ジスカール・デスタン朴槿恵

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノボセロフの関連情報