コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルデンショルド ノルデンショルド Nordenskiöld, (Nils) Adolf Erik

4件 の用語解説(ノルデンショルドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルデンショルド
ノルデンショルド
Nordenskiöld, (Nils) Adolf Erik

[生]1832.11.18. ヘルシンキ
[没]1901.8.12. ダルビエ
スウェーデンの科学者,北極探検家。男爵。ヘルシンキ大学卒業。スウェーデン国立博物館鉱物部門主事 (1858) 。4回にわたるスバールバル (スピッツベルゲン) 探検に参加,ノースイーストランドの海氷横断,グリーンランド東南海岸の大海氷を初めて突破。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノルデンショルド
ノルデンショルド
Nordenskiöld, (Nils) Erland (Herbert)

[生]1877.7.19. ストローム
[没]1932.7.5. ストックホルム
スウェーデンの民族学者。 A. E.ノルデンショルドの子。ラテンアメリカ研究の先駆者として活躍した。若い頃から探検に興味をいだき,1899年に南アメリカフエゴ島パタゴニア現地調査を行い,1904~05年にペルーボリビアで考古学的調査を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ノルデンショルド
ノルデンショルド
Nordenskiöld, (Nils) Otto (Gustaf)

[生]1869.12.6. スモーランド
[没]1928.6.2. エーテボリ
スウェーデンの探検家,地質学者。ウプサラ大学,のちにエーテボリ大学教授。 A. E.ノルデンショルドの甥。パタゴニア (1895~97) ,アラスカ (98) ,南極 (1901~03) などを探検,調査した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

ノルデンショルド

没年:1901.8.12(1901.8.12)
生年:1832.11.18
明治期に来日した探検家,鉱物学者,古地図研究家。フィンランド鉱山局長を父としてヘルシンキに生まれ,同地の大学を卒業。ロシア的体制を批判し,公職追放に遭い,スウェーデンに移り,1858年から死去までストックホルム国立自然史博物館教授。スピッツベルゲン,グリーンランドなどの探検に従事したが,その名を世界的にしたのは,1878~80年のヴェガ号による北極海航行で,帰途の明治12(1879)年に約2カ月日本に滞在し,書籍,資料を収集した。和書1082種はストックホルム王立図書館,西洋古地図約2万4000点はヘルシンキ大学図書館に所蔵されている(目録刊行済み)。<著作>《Facsimile Atlas》(1889),《Periplus》(1897),《The Voyage of the Vega around Asia and Europe》(1881,邦訳1988)<参考文献>E.Ha¨kli 《A.E.Nordenskio¨ld: A Scientist and his Library》(1990)

(海野一隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノルデンショルドの関連キーワードアビー古地図ノットMorseE.S.ブラウンスゴッチェストウクスベリダイアック曇慧ヒルゲンドルフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone