ノルデンショルド(読み)Nordenskio¨ld,Adolf Erik

朝日日本歴史人物事典「ノルデンショルド」の解説

ノルデンショルド

年:1901.8.12(1901.8.12)
生年:1832.11.18
明治期に来日した探検家,鉱物学者,古地図研究家。フィンランド鉱山局長を父としてヘルシンキに生まれ,同地の大学を卒業。ロシア的体制を批判し,公職追放に遭い,スウェーデンに移り,1858年から死去までストックホルム国立自然史博物館教授。スピッツベルゲン,グリーンランドなどの探検に従事したが,その名を世界的にしたのは,1878~80年のヴェガ号による北極海航行で,帰途の明治12(1879)年に約2カ月日本に滞在し,書籍,資料を収集した。和書1082種はストックホルム王立図書館,西洋古地図約2万4000点はヘルシンキ大学図書館に所蔵されている(目録刊行済み)。<著作>《Facsimile Atlas》(1889),《Periplus》(1897),《The Voyage of the Vega around Asia and Europe》(1881,邦訳1988)<参考文献>E.Ha¨kli 《A.E.Nordenskio¨ld: A Scientist and his Library》(1990)

(海野一隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ノルデンショルド」の解説

ノルデンショルド
Nordenskiold, Adolf Erik, Baron

[生]1832.11.18. フィンランド,ヘルシンキ
[没]1901.8.12. スウェーデン,ダルビエ
スウェーデンの地質学者,鉱物学者,北極探検家。フルネーム Nils Adolf Erik, Baron Nordenskiold。ヘルシンキ大学卒業。1858年スウェーデン国立博物館鉱物部門主事。4回にわたるスバールバル諸島スピッツベルゲン島探検に参加,ノースイーストランドの海氷横断,グリーンランド東南海岸の大海氷を初めて突破。1878年北緯 81°42′のチェリュスキン岬に到達し,翌 1879年アラスカに達して,初めて北東航路の走破に成功した。スウェーデン・アカデミー会員。(→北極探検

ノルデンショルド
Nordenskiöld, (Nils) Erland (Herbert)

[生]1877.7.19. ストローム
[没]1932.7.5. ストックホルム
スウェーデンの民族学者。 A. E.ノルデンショルドの子。ラテンアメリカ研究の先駆者として活躍した。若い頃から探検に興味をいだき,1899年に南アメリカのフエゴ島パタゴニアの現地調査を行い,1904~05年にペルーボリビアで考古学的調査を行なった。 06年からストックホルムの国立博物館とエーテボリの博物館で民族学の研究を続け,24年エーテボリ大学の教授に就任,民族学を講じた。主著に"Comparative Ethnographical Studies" (10巻,1918~38) がある。

ノルデンショルド
Nordenskiöld, (Nils) Otto (Gustaf)

[生]1869.12.6. スモーランド
[没]1928.6.2. エーテボリ
スウェーデンの探検家,地質学者。ウプサラ大学,のちにエーテボリ大学教授。 A. E.ノルデンショルドの。パタゴニア (1895~97) ,アラスカ (98) ,南極 (1901~03) などを探検,調査した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android