コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノースクリフ Northcliffe, Alfred Charles William Harmsworth, 1st Viscount

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノースクリフ
Northcliffe, Alfred Charles William Harmsworth, 1st Viscount

[生]1865.7.15. ダブリン郊外
[没]1922.8.14. ロンドン
新聞の大衆化に貢献したイギリスの新聞経営者。 1883年ロンドンに出て新聞界に入った。 94年『ロンドン・イブニング・ニューズ』を買収,紙面改革により一挙に黒字経営に転換させたのち,96年朝刊大衆紙『デーリー・メール』を創刊,大量生産,大量販売をはかって大成功を収めた。 1903年女性日刊紙としてふるわなかった『デーリー・ミラー』を写真新聞として発行して成功,05年には日曜紙『オブザーバー』を買収,この年男爵に進んでノースクリフ卿と号した。 06年3月にはついに『ロンドン・タイムズ』の支配権を獲得し,「新聞界のナポレオン」といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ノースクリフ(Viscount Northcliffe)

[1865~1922]英国の新聞経営者。本名 アルフレッド=チャールズ=ウィリアム=ハームズワース(Alfred Charles William Harmsworth)。大衆的商業紙「デーリーメール」「デーリーミラー」を創刊、新聞の大衆化を推進した。また、「タイムズ」を買収、第一次大戦にかけての反ドイツ世論形成の一翼を担った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ノースクリフ【Viscount Northcliffe】

〔本名 Alfred Charles William Harmsworth〕 (1865~1922) イギリスの新聞経営者。大衆的商業紙「デーリー-メール」「デーリー-ミラー」および「タイムズ」を経営。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノースクリフ
のーすくりふ
Viscount Northcliffe, Alfred Charles William Harmsworth
(1865―1922)

イギリスの新聞経営者。初代ノースクリフ子爵、本名はアルフレッド・チャールズ・ウィリアム・ハームズワース。アイルランドに生まれ、15歳で「ヘンリー・ハウス・スクール」の学校雑誌を編集、一般紙への投書を始めた。いくつかの新聞で働いたのち1888年、読者からの質問に答える記事でできた週刊紙『アンサーズ・ツー・コレスポンデンツ』を創刊、保険や懸賞によって部数を伸ばした。1894年には夕刊紙『イブニング・ニュース』を買収してその立て直しに成功、1896年には『デーリー・メール』を創刊して、現代大衆紙の典型をつくりだした。1903年には日刊婦人新聞として『デーリー・ミラー』を創刊、のちこれを写真新聞に改めた。1908年には高級紙『タイムズ』の経営権を買収、批判を受けながら新聞のチェーン経営に成功した。第一次世界大戦中は政界との関係を深め、特命全権大使としてアメリカへ赴いたり、対ドイツ宣伝活動を指揮するなどしたが、政界では成功せず、失意のうちに死んだ。[伊藤慎一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ノースクリフ

生年月日:1865年7月15日
イギリスの新聞経営者
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ノースクリフの関連キーワードハムズワーススティード生年月日ロザミアロンドン