コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーワーク・ノーペイの原則 ノーワークノーペイのげんそく

世界大百科事典 第2版の解説

ノーワークノーペイのげんそく【ノーワーク・ノーペイの原則】

労働契約は,〈労務ニ服スルコト〉(労働提供)と〈報酬ヲ与フルコト〉(賃金支払)との双務契約である。労働提供債務は,労働時間・場所・職種職務によってその提供すべき労働の範囲を画される。この労働提供債務を契約で予定されたとおりに完全に履行すると,使用者はこれに具体的に対応する賃金支払債務を負う。労働提供債務が労働者の責任により履行されない場合は,これに対応する賃金支払債務を発生しない。これを〈ノーワーク・ノーペイno work no payの原則〉とよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーワーク・ノーペイの原則の関連情報