コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイファイ hi-fi

翻訳|hi-fi

4件 の用語解説(ハイファイの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ハイファイ【hi-fi】

〔high fidelity(高忠実度)の略〕
オーディオ機器で、再生される音が原音に忠実であること。 「 --ビデオ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハイファイ

high-fidelity(高忠実度)の略。音声信号伝送システムにおいて入力信号を忠実に伝送して出力信号とする度合が高度であること。オーディオ機器では一般に原音を忠実に再生することをいう。
→関連項目帰還

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

DBM用語辞典の解説

ハイファイ【Hi-Fi】

広告業界では、新聞印刷機に供給できる、スベスベしたロール状の紙の片面に印刷されたカラー広告をいう。最近まで、高速印刷機の使用と新聞紙の原料が高品質カラーの印刷を不可能にしていたために、このハイファイが新聞のカラー広告に使用されてきた。しかし、今日では新聞紙にカラー印刷を可能にする新しい印刷技術が存在する。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイファイ
はいふぁい
Hi-Fi

high fidelity(高忠実度)の略。音や画像の再生にあたって、元のものに近い状態で忠実に再生されるとき、フィデリティが高いといい、このような再生状態をハイファイ再生とよんでいる。ハイファイという概念は、音や画像だけでなく、あらゆる情報の再生の品質に対して適用できるものであるが、一般には音の再生に対して適用されることが多い。これは記録・再生される各種情報のうち、音がもっとも頻繁かつ有用に利用されるものであること、人間の感性や情緒に対して音がきわめて密接な関係をもっているために、再生音のよしあしがとくに重要視されることなどによるものと考えられる。
 ハイファイということばは、ハイファイ録音、ハイファイ再生のように録音・再生のプロセスにおける質を評価するのに使われたり、ハイファイ再生装置、ハイファイ増幅器のように再生機器の品質の評価のために使われたりする。これらの場合、録音・再生の過程で使われる機器の周波数特性がよく、また雑音やひずみを伴うことなく、元の音を損なわないで再生できることが、ハイファイの基本条件となる。
 しかし、広く使われているわりには、ハイファイについて明確に統一された尺度はいまのところできていない。これは、演奏会場や再生する場で考えたとき、何をもって元の音と考え、どのような再生状態をもって高忠実再生と考えるかの基準を決めることがきわめてむずかしいからである。信号としての音の質だけでなく、再生音場の質まで考慮に入れたハイファイの尺度化は今後の検討課題である。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイファイの関連キーワード印刷機輪転機新聞活字折り込み広告田中治助浜田初次郎高速オフセット日刊スポーツ印刷社東日印刷日本新聞インキ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイファイの関連情報