ハイペロン(英語表記)hyperon

翻訳|hyperon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイペロン
hyperon

核子より重く,ストレンジネスが0でないバリオン総称重核子または超粒子ともいい,軽いほうから順にスピン 1/2 の Λ 粒子,Σ 粒子,Ξ 粒子,スピン 3/2 の Ω 粒子がある。ハイペロンは弱い相互作用によって平均寿命 10-10 秒程度で崩壊し,軽いハイペロンまたは核子に転換する。強い相互作用で崩壊し,寿命の短い共鳴状態のハイペロンは励起ハイペロンと呼ばれる。核子に高エネルギー粒子を衝突させると,ハイペロンはK中間子と対になって生成される。原子核の中の陽子または中性子の1個または複数個がどれかのハイペロンと置き換った核をハイパー核という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハイペロン

ストレンジネスが0でないバリオンの総称。ラムダ(Λ)粒子,シグマ(Σ(+/),Σ(0/),Σ(-/))粒子,グザイ(Ξ(0/),Ξ(-/))粒子,オメガ(Ω(-/))粒子とそれぞれの反粒子がある(付字の+,0,−は荷電の正,中性,負を表す)。いずれも質量は電子の2200〜3300倍,スピンは1/2。→素粒子
→関連項目スピン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ハイペロン【hyperon】

バリオンに属する素粒子のうち、ストレンジネスが 0 でないものの総称。 Λ ラムダ粒子、 Σ シグマ粒子など。重核子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ハイペロン

〘名〙 (hyperon) 素粒子の一種で、核子と重水素核の中間の質量をもつ粒子。Λ(ラムダ)粒子・Σ(シグマ)粒子など。重核子。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android