コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ3世 ハインリヒさんせいHeinrich III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ3世
ハインリヒさんせい
Heinrich III

[生]1017.10.28.
[没]1056.10.5. ボートフェルト
ザリエル朝 2代目のドイツ王 (在位 1028~56) ,神聖ローマ皇帝 (在位 39~56) 。「帝国の望み」のハインリヒと呼ばれ,順調に皇帝に選出された。西スラブに大きな勢力を張り,ボヘミアの国民教会樹立を望んでいたボヘミア公ブレティスラフを服属させ,ボヘミア,ポーランド,ポンメルンの間に平和を樹立して帝国東境を安泰にした。彼はまた,クリュニー教会改革運動の共鳴者でもあり,聖職売買を厳禁した。また3人のローマ教皇を罷免し,4人のドイツ人を教皇位につけるなど,教皇政治の改革に努めた。しかし彼の時代には貴族の領主化が著しく進展するとともに,オットー1世 (大帝) 以来の帝国教会政策の反動ともいうべきローマ教皇庁の勢力挽回策も徐々に展開されはじめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ハインリヒ3世

生年月日:1017年10月28日
ドイツ王(在位1028〜56),神聖ローマ皇帝(在位39〜56)
1056年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ハインリヒ3世の関連キーワードアグネス・フォン・ポアトゥーオラニエ=ナッサウ家ブジェティスラフ1世グレゴリウス[7世]ミニステリアーレスハインリヒ(4世)ハインリヒ[4世]コンラート[2世]ベネディクツス9世グレゴリウス6世カイザーブルク城バーベンベルク朝神聖ローマ帝国ニュルンベルクコンラート2世聖職叙任権闘争アーダルベルトクレメンス2世ベルトルト1世ビクトル2世

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android