コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウス病 ハウスびょう

世界大百科事典 第2版の解説

ハウスびょう【ハウス病】

ハウス農業従事による健康障害を総称したもの。ハウス農業は,園芸における温室栽培を農業生産に活用したもので,農作業が鉄パイプの枠にビニルシートをはりめぐらした背の低いハウスの中で行われるために,健康上の問題が起こりやすい。すなわち,(1)ハウス内では温度条件を人工的に調節して年間の生産可能期間を長くする結果,現実には,農繁期を長引かせて労働負担が大きくなり,またハウス内が晩春から夏にかけては高温となり,冬は内外の温度差が大きいなどのために,疲労や循環障害の起こること,(2)害虫が付きやすくなるため農薬の使用が多くなるので,農薬の吸入,接触の危険が多くなること,(3)ハウス内が狭く,あぜ幅も狭いので,つるや葉による皮膚ずれのためのかぶれ,無理な姿勢のための腰痛をはじめ,肩,腕,大腿,ふくらはぎの疲労,痛みが多くなること,などの問題が指摘されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハウス病の関連情報