コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコフグ ハコフグ Ostracion cubicus

3件 の用語解説(ハコフグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハコフグ
ハコフグ
Ostracion cubicus

フグ目ハコフグ科の海水魚。全長 40cm内外。体は骨板から成る甲に包まれ,前からみると四角形になっている。体色は黄褐色で,青色の斑紋がある。鰭は黄橙色。沿岸に普通にみられる。近縁種に額に1対のとげをもつウミスズメなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハコフグ

ハコフグ科の魚の総称。日本近海では7種が知られている。もっとも普通に見られるハコフグは,全長15cm内外。フグ科の魚とちがい無毒。体は多数の骨板からなる堅い甲でおおわれる。
→関連項目フグ(河豚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコフグ
はこふぐ / 箱河豚
[学]Ostracion cubicus

硬骨魚綱フグ目ハコフグ科に属する海水魚。本州中部以南の日本沿岸各地、および西太平洋、インド洋の熱帯域に広く分布する。体は骨板状の硬い甲らに覆われ、上下両顎(りょうがく)、ひれ、尾柄(びへい)部のみが可動である。甲らの横断面は四角形。甲らには棘(とげ)はなく滑らかである。体色は黄褐色で甲らの各鱗板(りんばん)に淡青色点がある。生時には甲らに鮮やかな青色斑(はん)が現れる。体長は30センチメートルに達する。腹びれはなく、普通は背びれと臀(しり)びれを使ってゆっくりと泳ぎ、敵に襲われると尾びれを使って逃げる。産卵期は夏で、雄1尾に雌2~4尾でハレムを形成する。卵は分離浮性卵である。幼魚は甲らが鮮やかな黄色で黒点が散在する。肉は無毒で、甲らは熱を加えると容易にとれるので食用にする所もある。また、本種は、ほかの魚と同じ水槽で飼うことはできない。皮膚から粘液毒を出してほかの魚を弱らせるからである。
 ハコフグはハコフグ科Ostraciidaeの魚の総称でもある。日本産のハコフグ科の魚は、コンゴウフグ属Lactoria(コンゴウフグ、ウミスズメ、シマウミスズメ)、ハコフグ属Ostracion(ハコフグ、クロハコフグ)、ラクダハコフグ属Rhinesomus(ハマフグ、ラクダハコフグ)の3属7種が知られている。本科の魚は硬い甲らに体を包まれ、腹びれを欠くのが特徴。コンゴウフグ属の体甲の横断面は五角形で背中に隆起があり、眼前棘(きょく)と腰骨棘もある。ハコフグ属の体甲の横断面は四角形で隆起も棘もない。ラクダハコフグ属の体甲の横断面は三角形で眼前棘、腰骨隆起があり背中に棘もある。本科の魚は、いずれも温帯と熱帯の浅海域に生息する。なお、本科の分類上の位置については従来論議があったが、最近、骨格の形質に基づいてモンガラカワハギ亜目に属することが確認された。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハコフグの関連キーワード赤目河豚草河豚鯖河豚虎河豚箱河豚真河豚模様河豚潮際河豚ナシフグフグ(河豚)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハコフグの関連情報