コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハゴロモノキ silky oak

2件 の用語解説(ハゴロモノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハゴロモノキ【silky oak】

オーストラリア東部原産のヤマモガシ科の常緑高木で,樹高25~45m,直径0.6~1mになる。樹姿や特異な葉形が美しく,熱帯~亜熱帯で並木や庭園樹として植えられ,また茶園やコーヒー園の防風樹,庇陰(ひいん)樹とされる。一名シノブノキキヌガシワ。葉は互生し,葉身は長さ15~30cmの広楕円形で,シダ類の葉のように細かく羽裂し,羽片の先端は反曲する。葉の裏面には銀白色の毛がある。花序は長さ7~12cmの総状で,片側に偏して金黄色~橙黄色をした多数の筒状の小花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハゴロモノキ
はごろものき / 羽衣木
silk oak
[学]Grevillea robusta A. Cunn.

ヤマモガシ科の常緑高木。高さ25メートルに達する。葉は互生し、2回羽状複葉で長さ15~20センチメートル、小葉は披針(ひしん)形で約20対ある。葉裏に銀白色の絹毛がある。名は、葉を羽衣に見立てたもの。また、葉形がシノブ(シノブ科のシダ)に似るので、別名シノブノキともいう。6月、長さ10~15センチメートルの総状花序をつくり、筒形の小さな橙黄(とうこう)色花を多数開く。オーストラリアのクイーンズランド、ニュー・サウス・ウェールズ地方原産。明治末年に渡来し、関東地方南部以西では露地で生育する。繁殖は挿木、実生(みしょう)による。変種ベニハゴロモは低木で、花は鮮紅色。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone