コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタケグモ ハタケグモ Hahnia corticicola

2件 の用語解説(ハタケグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハタケグモ
ハタケグモ
Hahnia corticicola

クモ綱クモ目ハタケグモ科。体長 3mmほどの微小種。体は暗褐色で,腹部背面に放射状の黒色斑がある。田畑や草地の地表のくぼみに小さな棚網を張る北海道,本州,四国,九州に分布する。なおハタケグモ科 Hahniidaeはいずれも微小種で,習性や形態がタナグモ科に似ているが,出糸突起が横に1列に並び,気門はその前方離れたところに位置している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハタケグモ
はたけぐも / 畠蜘蛛
[学]Hahnia corticicola

節足動物門クモ形綱真正クモ目ハタケグモ科に属するクモ。田畑や野原の土のくぼみに小さい棚状の網を張ってすむ微小なクモで、体長3ミリ未満。暗褐色で、腹部には淡色の山形の斑(ふ)が縦に数個並ぶ。ほかのクモと異なって三対の出糸突起が横一列に並んでいるのが特徴で、外側のものがもっとも長く、内側のものは短い。出糸突起の並び方が柵(さく)状であるので、中国では「柵蛛(さくぐも)」という。本州、九州に広く分布するが、小さいのでみつけにくい。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハタケグモの関連キーワード草蜘蛛子守蜘蛛笹蜘蛛背赤後家蜘蛛戸閉蜘蛛水蜘蛛鶏蜱居候蜘蛛棘蜘蛛葉蜘蛛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone