コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナサキガニ ハナサキガニParalithodes brevipes

4件 の用語解説(ハナサキガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナサキガニ
ハナサキガニ
Paralithodes brevipes

軟甲綱十脚目タラバガニ科。甲長,甲幅とも 15cm内外。外形はタラバガニに似るが,歩脚が太く,また額角中央棘の先端が丸い。北海道沿岸からロシアカムチャツカ半島ベーリング海に分布するが,根室市近海,千島列島に多産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナサキガニ【Paralithodes brevipes】

十脚目タラバガニ科の甲殻類(イラスト)。食用になり水産業上の重要種。近縁のタラバガニなどに比べると分布が狭く,カムチャツカ半島から千島列島を経て積丹岬以北の北海道沿岸に分布し,浅海の岩場にすむ。生息密度が高いのは千島列島から根室近海で,幼ガニは岩礁でも見られる。和名は根室半島の別名である花咲半島にちなんだものである。甲長,甲幅とも15cmほどで,成体は一様に焦茶色であるが,甲の周縁やはさみが赤褐色のこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナサキガニ
はなさきがに / 花咲蟹
[学]Paralithodes brevipes

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目タラバガニ科に属する海産動物。水産業上の重要種で、カニ型であるが分類学的にはタラバガニと同様に異尾類(ヤドカリ類)に属する。日本海北部、北海道からベーリング海にかけて分布するが、かつて花咲(はなさき)半島(根室半島)に多産したのが和名の由来である。浅海にすみ、小形個体は磯(いそ)の海藻の間でもみられる。甲幅、甲長とも15センチメートルほどで、多数の突起があり、それらの間は滑らかである。タラバガニに似ているが、額角(がっかく)の中央棘(きょく)が短くて先端が丸いこと、歩脚が太くて短いことで区別される。生時は暗赤紫褐色で、ゆでると鮮やかな赤色になる。タラバガニの強い漁業規制とともに、本種の資源的価値が見直されるようになった。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone