コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナワラビ(花蕨) ハナワラビSceptridium ternatum; grape fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナワラビ(花蕨)
ハナワラビ
Sceptridium ternatum; grape fern

ハナワラビ科の冬緑性シダ植物で,フユワラビともいう。アジア東部の温帯およびヒマラヤにまで広く分布し,山地や原野の日当りのよいところに生える。肉質の細い地下茎から葉を直立して基部でふたまたに分れ,1つは長い柄をもつ栄養葉で3~4回羽状に深裂する。他は4回羽状に分れた胞子葉で,裂片は軸だけで細く,軸の周囲に大型の胞子嚢を群生する。胞子葉は栄養葉よりはるかに長く直立する。胞子は球形の四面体型で黄色。近縁種オオハナワラビ S. japonicumは栄養葉が3回羽状に深裂し,本種よりやや大型で,葉柄や羽軸に灰色の長毛がまばらに生える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナワラビ【ハナワラビ(花蕨) Botrychium】

ヒメハナワラビやフユノハナワラビなどの仲間の総称で,栄養葉の上に胞子葉がつくという奇妙な形をした葉をもつシダ類ハナヤスリ科の多年草。ヒメハナワラビをヘビノシタということもあるが,その姿を二叉(にさ)になった蛇の舌になぞらえたものである。英名もいろいろつけられ,ヒメハナワラビB.lunaria (L.) Sw.がmoonwort,ヤマハナワラビ(エゾノフユノハナワラビともいう)B.multifidum (Gmel.) Rupr.がleather grape fern,オオハナワラビに近いB.dissectum Spreng.がgrape fern,ナツノハナワラビB.virginianum (L.) Sw.がrattlesnake fernなどと呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハナワラビ(花蕨)の関連キーワードleather grape fernエゾノフユノハナワラビmoonwort

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android