ハマギク(浜菊)(読み)ハマギク(英語表記)Chrysanthemum nipponicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハマギク(浜菊)」の解説

ハマギク(浜菊)
ハマギク
Chrysanthemum nipponicum

キク科の多年草で,関東地方以北の太平洋側の海岸に生える。花が美しいので観賞用に栽培されることも多い。は太く高さ 1mに及び下部は低木状となる。葉は無柄で長さ3~10cmの匙形,肉質で光沢があり,毛はほとんどない。秋に白色の頭状花を頂生する。頭花の直径は5~6cmあり,外周部に長さ 3cmほどの白い舌状花が,中心部には黄色の管状花が並ぶ。総包片卵形で細毛があり,長さ 1cmぐらい。痩果は 4mmぐらいで短い冠毛がある。この種を片親として園芸種のシャスタデージーがつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ハマギク(浜菊)」の解説

ハマギク【ハマギク(浜菊) Chrysanthemum nipponicum Matsum.】

海岸の砂丘に生えるキク科の多年草で,茎が木化して越冬する(イラスト)。本州の太平洋岸を青森県~茨城県に分布する日本の固有種。茎はまばらに分枝して上し,100cmに達する。葉は肉質で,表面に光沢がある。花期は9~11月。頭花は大きく,開花直径約6cm,雌性と両性の多数の小花からなる。雌花は縁に1列あって,花冠は舌状で白色。両性花は中央に多数あって,花冠は筒状で黄色。雌花の瘦果(そうか)は鈍三角柱,両性花の瘦果は円柱形で10肋があり,ともに頂端部に小冠がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android