コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒風山 かんぷうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒風山
かんぷうざん

秋田県西部,男鹿半島にある二重式火山(→複式火山)。標高 355m。鳥海火山帯に含まれ,男鹿市に属する。40~70mの海食台地にそびえ,新第三紀頁岩に生じた断層に噴火したもの。大部分が溶岩からなる。外輪山がアスピーテ型(→楯状火山)で,中央に数個の溶岩円頂丘状の火口丘がある。全山草に覆われる。1961年ドライブウェーが完成し,ピクニック,ハイキング,スキーに好適。1964年山頂に回転展望台が完成。眺望は雄大。周辺に男鹿石と呼ばれる安山岩石切場がある。男鹿国定公園に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

寒風山【かんぷうざん】

秋田県男鹿半島東部にある複式火山。標高355m。カルデラ状火口をもつ平らな外輪山と数個の溶岩円頂丘からなり,全山草地。山頂展望台がある。溶岩は男鹿石と呼ばれ石材となる。
→関連項目男鹿半島

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぷうざん【寒風山】

秋田県西部,男鹿半島東部の海岸段丘上に噴出した火山。標高355m。数回の火山活動による噴出で,新旧数個の火口や火口原が形成された。岩質は複輝石安山岩を主とし,一部,カンラン石を含む。噴出年代は,縄文後期~弥生時代と推定される。山麓に若干の杉林があるほかは,全山芝生におおわれ,女性的景観が特色。山頂の東北一を誇る回転式大展望台からは,東に大潟村八郎潟調整池を隔てて太平山地,西に本山(ほんざん)火山群,北ははるかに秋田・青森県境の白神山地,南は海上かなたに鳥海山を望み,雄大な眺望で,男鹿国定公園の一部を構成している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕寒風山(かんぷうざん)


秋田県男鹿(おが)半島東部にある複式火山。最初に噴出したなだらかな楯(たて)状の溶岩台地の上に複数回にわたる噴火によって溶岩円頂丘(ようがんえんちょうきゅう)が形成され、最高峰は東部の溶岩円頂丘(狭義の寒風山)で標高355m。全山芝生におおわれ、山頂近くと山腹に数ヵ所、旧火山の凹地(おうち)が点在する。山頂から360度の展望があり、山腹から山頂まで寒風山道路が巡る。男鹿国定公園に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒風山
かんぷうざん

秋田県中西部、男鹿(おが)半島の東部にある二重式火山。標高355メートル。山容はコニートロイデ型、全山芝生に覆われている。男鹿国定公園に含まれる。最初の火山活動は60メートルの段丘を貫いて溶岩台地を形成、次の活動で塔の峰(展望台のある所)や、蛇越長根(じゃこしながね)のドームが形成された。1810年(文化7)この付近を震源とする群発地震の記録があり、死者61名に上ったという。山頂北西側には経ノ町(きょうのまち)とよばれる直径約600メートルの第一次噴火口がみられ、南西方には古玉(ふるたま)ノ池といわれる新火口が鉢状に残っている。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寒風山の関連キーワード秋田県男鹿市脇本富永本川[村]男鹿(市)いの(町)溶岩台地伊予富士渡部斧松最高峰関山峠面白山船形山凹地狭義本川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒風山の関連情報