コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラパ Jalapa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラパ
Jalapa

グアテマラ南東部の都市。同名県の県都。首都グアテマラ市の東約 60km,中央高地の美しい谷にあり,標高約 1380m。温和な気候に恵まれた肥沃な農牧地帯の中心地で,トウモロコシ豆類,小麦,ウシ,ブタ,酪農製品などの集散が行われる。付近にクロム鉄鉱を産する。パンアメリカン・ハイウェーから分岐する道路が通る。人口2万 4173 (1990推計) 。

ハラパ
Jalapa

正式名称はハラパエンリケス Jalapa Enríquez。メキシコ中部,ベラクルス州の州都。メキシコ市の東約 250km,メキシコ高原南東端部の東斜面にあり,標高約 1430m。スペイン征服前からインディオの集落があったところで,植民地時代にはスペイン船団によって年に1度運ばれてくるヨーロッパ製品の取引市が開かれる地として知られた。現在コーヒーとタバコの栽培を中心とする豊かな農業地帯の商工業中心地で,農産物を集散,加工するほか,温和な気候に恵まれ花のあふれる町として知られ,保養地としても発展。ベラクルス大学 (1944) 所在地。ベラクルスとメキシコ市を結ぶ鉄道,道路が通る。人口 28万 8331 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハラパ【Jalapa】

メキシコ,ベラクルス州の州都。Xalapaとも書く。人口27万9451(1990)。正式名称ハラパ・エンリケスJalapa Enríquez。東シエラ・マドレ山脈中の標高1487mに位置する。年平均気温17.9℃,年降水量1515mm。1720年代以降,毎年新大陸の銀と引替えにスペインからもたらされた商品の市が開催された。植民地時代の面影をとどめ,近郊の観光の基地でもある。繊維,車両等の工業が立地。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハラパの関連キーワードレルド・デ・テハダハラパ・エンリケスサンタ・アナオロツココトシュ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android