ハルマッタン(英語表記)harmattan

翻訳|harmattan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルマッタン
harmattan

西アフリカギニア湾湾岸地方に吹く局地風。東ないし北東寄りの風で 11月から 2月までの乾季に多く現れる。その範囲はマデイラ島からゴールドコースト地方にまで及ぶ。内陸のサハラ砂漠方面から吹いてくるために非常に乾燥しておリ,風塵を伴うことが多い。成因はアフリカ大陸上の亜熱帯高圧帯の南縁を吹く北東風であり,貿易風の一種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハルマッタン

アフリカ西部,ギニア湾北岸からベルデ岬へかけての沿岸部に冬季に吹く北東の貿易風。乾熱風で,サハラ砂漠の風塵(ふうじん)を伴う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ハルマッタン【harmattan】

アフリカ西部、ギニア湾北部からセネガルにかけて、冬季にサハラ砂漠から吹いてくる北東貿易風。乾燥し風塵を伴う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルマッタン
はるまったん
harmattan

西アフリカで吹く、東ないし北東の乾燥した砂塵(さじんあらし)。harmatan, harmetan, hermitanとも綴(つづ)る。11月後半から3月の中ごろまで吹く。それはサハラを吹く砂漠風として始まり、1月には北緯五度、7月には北緯18度付近にまで広がる。夏期にこの風は、その下層が海洋からの南西季節風で抑えられるが、上空では海のほうまで流れていき、その砂塵が海上の船で観測されることがある。また大西洋の海底にサハラからの砂塵の堆積(たいせき)物をつくる。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハルマッタンの言及

【風】より

…また紅海に吹く南または南西の強風もハムシンという。 ハルマッタンharmattanアフリカの西部,ギニア湾北岸からベルデ岬へかけての沿岸部に,冬季(11月~3月)にサハラ砂漠から吹いてくる北東貿易風。乾燥した風で,風塵を伴うことが多い。…

【堆積作用】より

…また,気流によって長距離を運搬され,静穏時に重力によって沈降したり,雨や氷晶とともに地表に落下する。春先に日本でよくみられる黄砂や西アフリカでサハラ砂漠から南西へ吹くハルマッタンharmattanはよい例である。
[氷河の堆積作用]
 流動する氷河中に取り込まれて運搬された岩屑は氷がとけることにより,そこに残留する。…

※「ハルマッタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android