コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンミョウ ハンミョウ Cicindelidae; tiger beetle

3件 の用語解説(ハンミョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンミョウ
ハンミョウ
Cicindelidae; tiger beetle

鞘翅目ハンミョウ科の昆虫の総称。小~中型の甲虫で頭部は大きく,複眼は著しく突出する。大腮は長く,湾曲し,鋭い歯をそなえる。上翅には条線を欠く。オサムシ科に近縁で,その亜科とされる場合もあるが,頭楯が幅広く,その外縁が触角の基部より外側に広がっていること,幼虫が特異な孔道生活に適した形態をもつことなどによって区別されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハンミョウ

ハンミョウ科の甲虫の1種。北海道を除く本州から沖縄まで,朝鮮,中国に分布。体長20mm内外,濃紫色地に金赤色または金緑色の帯があり,前翅に白斑がある。5月ごろから,山間の路上に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンミョウ
はんみょう / 斑猫
[学]Cicindela japonica

昆虫綱甲虫目ハンミョウ科に属する昆虫。本州、四国、九州、対馬(つしま)、屋久島(やくしま)に分布し、よく似たシナハンミョウは中国、朝鮮半島に、オキナワハンミョウは琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)に分布する。体長20ミリメートルほどの甲虫で、日本産ハンミョウ類ではもっとも美しく、頭は金緑色、前胸は金赤色で、前後が金緑色に光り、上ばねは黒紫色で赤銅色の横帯と白色の横紋がある。成虫は春から秋までみられ、日当りのよい砂地や道路に多く、大きく鋭い大あごでハエなどの虫を捕食し、人が歩くと先へ先へと飛んでは止まるのでミチシルベ、ミチオシエともよばれる。幼虫は地面に縦穴を掘って隠れ、平たくて大きな頭で穴をふさぎ、通りかかるほかの虫に食いつき、穴に引き込んで食べる。幼虫の巣穴にニラの葉を差し込むと、幼虫が葉に食いついてくるのでニラムシの名もある。なお「ハンミョウには毒がある」という言い伝えは、カンタリジンを含むツチハンミョウやマメハンミョウの類をさすものと考えられる。
 ハンミョウ科Cicindelidaeは世界各地に広く分布し、およそ2500種が知られ、熱帯・亜熱帯域に多いが北地にもおり、日本でも23種前後が知られている。一般に中形の甲虫で、オサムシ科に近縁で、ときにはその亜科とされるが、鋭くて大きい大あご、突出した目、幅広い頭楯(とうじゅん)、細く長い脚(あし)などが特徴的である。多くの種類は金属色を帯び、ハンミョウ属や近縁の属では背面が鈍い青銅様の光沢を示すものが多い。体下面などに白い鱗毛(りんもう)をもつものも多い。大部分は地表性で河原、海浜、山道などによくみられ、よく飛ぶものが多いが、南方には後ろばねが退化して飛べないハネナシハンミョウのような類もあり、クビナガハンミョウのように葉上にみられ、幼虫が樹枝に穴をつくる類もある。成虫・幼虫とも肉食でほかの虫を捕食し、幼虫は穴に隠れて獲物を待つ。日本産にはニワハンミョウ、カワラハンミョウ、ヒメハンミョウ、コハンミョウなどがあり、本州中部地方以北産のマガタマハンミョウは後ろばねが退化して飛べない。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンミョウの関連キーワード青斑猫蛇の目蝶土斑猫豹紋蝶豆斑猫長椿象斑猫イカリモンハンミョウツチハンミョウ(土斑猫)ハンミョウ(斑猫)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンミョウの関連情報