コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーグ国際私法会議 ハーグこくさいしほうかいぎ The Hague Conference on Private International Law

2件 の用語解説(ハーグ国際私法会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーグ国際私法会議
ハーグこくさいしほうかいぎ
The Hague Conference on Private International Law

オランダの学者 T.アッセルの提唱により,各国の国際私法の統一を目的に 1893年以来活動を続けている国際機関。事務局はオランダハーグに置かれている。戦後は 1951年の第7会期以来ほぼ4年に一度のペースで会議が開催され,戦後採択された条約だけで,89年までに 33を数えている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハーグ‐こくさいしほうかいぎ〔‐コクサイシハフクワイギ〕【ハーグ国際私法会議】

国際私法の統一を目的として設立された国際機関。オランダの提唱で1893年に創設。80か国およびEU欧州連合)が参加(2016年7月現在)。日本は明治37年(1904)にヨーロッパ以外の国として初めて参加。昭和32年(1957)に民事訴訟手続に関する条約に批准した。HCCH(Hague Conference on Private International Law)。→ハーグ条約

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハーグ国際私法会議の言及

【法の統一】より

…1964年のハーグ条約は,72年に5ヵ国の批准により発効したが,批准国の大部分は西ヨーロッパの資本主義国であった。一方,アメリカ合衆国は,1963年12月の立法により,私法統一国際協会ならびに後述のハーグ国際私法会議への参加の道をひらき,統一運動への意欲を示している。 また国連も66年12月17日の決議により,取引法統一を目的とした国連国際商取引法委員会U.N.Commission on International Trade Law(UNCITRAL)を設置した。…

※「ハーグ国際私法会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハーグ国際私法会議の関連キーワードINTELSAT国際私法私法統一国際協会反致渉外私法IHOBlu-ray Disk Association国際私法学会池原季雄折茂豊

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone