コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バアソブ バアソブCodonopsis ussuriensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バアソブ
Codonopsis ussuriensis

キキョウ科の多年生つる草で,アジア東部の温帯に分布する。日本各地の山地の林内に自生する。地下に丸い塊根があり,茎は細くつるになって 3mをこえる。葉は長さ2~4cmの長円形で先はとがらず,茎とともに毛が多い。萼片は 1cmあまり,花冠は長さ 2cm内外の鐘状で内側は先に近い部分が濃紫色,外面は淡紫色を帯びた白色である。よく似たつる草にツルニンジン (蔓人参) ,一名ジイソブがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バアソブ

ツルニンジン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バアソブ
ばあそぶ / 婆蕎
[学]Codonopsis ussuriensis (Rupr. et Maxim.) Hemsl.

キキョウ科の多年生つる草。塊根は球形。葉は裏面に毛がある。7~8月、鐘形の紫褐色花を垂れ下げる。花冠は近縁のツルニンジンに比べ、小形である。丘陵から山地の野原に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国東北部、ウスリー、アムールに分布する。名は、花冠の斑点(はんてん)を老婆のそばかすに見立ててつけられたもので、ツルニンジンの別名ジイソブ(爺蕎)に対比させたもの。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバアソブの言及

【ツルニンジン(蔓人参)】より

…根がチョウセンニンジンに似ていて,茎がつるになるのでこの名があり,チョウセンニンジンの代用に使われたこともある。バアソブに対し,ジイソブともよばれる。ソブとはそばかすのことで,花冠内面の斑点をたとえたものである。…

※「バアソブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バアソブの関連キーワードツルニンジン(蔓人参)キキョウ科