コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バガス bagasse

翻訳|bagasse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バガス
bagasse

サトウキビの茎の汁をしぼったあとの殻で,板紙や絶縁紙の製造に使用される。パルプとしては機械パルプが多いが,温和な化学的処理をする場合もある。粗質のかさのあるパルプで,強度は低い。ほかに飼料,燃料としても利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バガス(bagasse)

サトウキビモロコシなどの茎から汁をしぼりとった後のかす。主な成分はセルロース。パルプの原料、飼料などにする。また、アルコール発酵によって作ったエチルアルコール(エタノール)を代替燃料として用いる研究が進んでいる。→バイオエタノール
[補説]そのまま焼やしてボイラーなどの燃料にする利用法もあり、製糖工場などでは効率のいい熱源として注目されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バガス

サトウキビの茎からショ糖をしぼり取った残物。製糖工場で燃料として用いられるほか,パルプファイバーボードの製造原料に利用する。
→関連項目サトウキビ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

バガス

 サトウキビやビート樹液を搾って残る.燃料その他に利用される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バガス【bagasse】

サトウキビの搾汁した後の残渣(ざんさ)。製糖工業では,サトウキビから得た搾汁を濃縮する場合に,バガスを燃焼してエネルギーを得ている。サトウキビの20~25%がバガスとして得られ,ボイラー用燃料として使われるので,一般に粗糖工場の燃料はバガスのみで十分ということができる。バガスの組成は,水分40~48%,糖度2~4%,繊維分52~59%である。製糖工場の省エネルギー化が進み,バガスが余るようになり,圧搾して建築資材,土壌改良剤としたり,近年はこれを原料にして,発酵を行ったり,微生物タンパク質に変換する研究が進められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バガス【bagasse】

サトウキビなどの搾りかすや繊維で作られた紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バガスの関連キーワードおなかの調子をととのえる食品バイオマス燃料サトウモロコシイェルマークセロテックスショ(蔗)糖ベヒスタンビストゥンクラフト紙笑気ガス非木材紙ラム酒

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android