バクスター(英語表記)Baxter, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクスター
Baxter, Richard

[生]1615.11.12. シュロップシャーロートン
[没]1691.12.8. ロンドン
イギリスの清教徒の牧師神学者。 1638年イギリス国教会の叙任を受けたが,監督制度に反対し清教徒となり,41年キッダーミンスターの牧師。市民戦争のときは,議会側に属し,45~47年クロムウェル軍の軍隊付き牧師。 53年ウースター協会を設立。彼の説教は清教徒の古典とされ,考えは穏健で,神学的には調停カルバン主義に属した。王政復古のときはチャールズ2世に協力したが,その清教徒的信念のため一時激しい迫害を受け,投獄された。 88年許された。主著聖者の永遠の安らぎ』 Saints' Everlasting Rest (1650) ,『改宗した牧師』 The Reformed Pastor (56) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バクスター【Richard Baxter】

1615‐91
イギリスのピューリタン著述家。神学を独学で習得し,1638年英国国教会の按手礼を受けたが,非服従派の教えに共感し,監督制に反対した。英国国教会とピューリタンとの間を調停しようと努力し,〈公禱文〉を改訂したが,61年のサボイ会議では受けいれられなかった。62年の礼拝統一法のあと,英国国教会を去った。彼の200冊以上の著作は,信仰,牧会的関心,宗教的寛容の諸領域に及び,中でも《聖徒の永遠の休息》(1650)は,信仰書の古典とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

バクスター
Richard Baxter

1615〜91
イギリスの非国教会派の宗教家
ピューリタン革命に際して,クロムウェルの新型軍の牧師として従軍ピューリタニズム倫理を兵士たちに説き,革命の精神的支柱となったが,王政復古後は国教会との調停に努力した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のバクスターの言及

【ピューリタン】より

…王政復古後は,ピューリタンは急速に解体してしまい,国教会に吸収された者が多かったが,今日のイギリスの非国教徒教会のうち,長老派,独立派(会衆派),バプティスト,クエーカーなどはいずれもピューリタンの流れをくむものである。 ピューリタンの思想家としては,エリザベス時代のカートライトThomas CartwrightやトラバースWalter Travers,ジェームズ時代のパーキンズWilliam ParkinsやエームズWilliam Ames,共和政時代のR.バクスターやオーエンJohn Owen,とりわけ詩人にして思想家J.ミルトンがあげられる。J.バニヤンは王政復古後のピューリタンの生き方を代表する。…

※「バクスター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バクスターの関連情報