コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バジパイ Vajpayee, Atal Bihari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バジパイ
Vajpayee, Atal Bihari

[生]1926.12.25.
インドの政治家。雄弁家で詩人としても知られる。グワリオル大学でヒンドゥー文学を専攻。在学中からヒンドゥー教支配を説く民族義勇団に加わり,1951年にはジャンサン党の創設に参加。 57年下院議員に初当選以来,常に上院または下院に当選。 68~72年最大の野党だったジャンサン党総裁をつとめた。 75年6月非常事態宣言で逮捕されたが,76年 12月健康を害して釈放されると,野党連合ジャナタ党結成に尽力。 77年3月の総選挙でジャナタ党が圧勝すると,M.デサイ内閣の外相に就任,J.ネルーをたたえ純粋な非同盟外交を推進すると言明。対ソ関係をくずさずにアメリカと友好を深め,また近隣諸国との関係改善をはかった。 80年4月インド人民党 (バラティア・ジャナタ党〈BJP〉) を結成。 96年に政権を樹立したが,国会で信任が得られず,わずか 13日で崩壊。 98年,同党が総選挙で第1党となり再び首相に就任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バジパイ
ばじぱい
Atal Bihr Vjpey
(1926― )

インドの政治家。グワリオル出身。早くから民族運動に参加し、またヒンドゥー宗派主義(コミュナル)的団体RSS(民族奉仕団)に入る。大学卒業後ジャーナリストとなる。インド独立後、1951年結成の宗派主義政党ジャン・サングに加わり、1955~1966年党書記。1957年下院議員初当選。1968~1972年党総裁。1977~1979年反国民会議派連合ジャナタ党政権の外相。1980年1月のジャナタ党分裂後はインド人民党(BJP)の初代総裁となった。1996年総選挙で同党が政権につくと首相に就任するが、政権は短期間で崩壊。1998年総選挙によって同党中心の連立政権が成立するとふたたび首相となる。外相を兼任。BJP内の穏健派として、急進派のヒンドゥー至上主義を抑えるとの一部の期待を裏切り、1998年5月、24年ぶりに2日間で計5種類の核実験を行い、インドを核兵器保有国とした。1999年4月、連立政権に対する信任案を1票差で否決され、発足からわずか1年1か月で退陣したが、1999年9月に行われた総選挙で、インド人民党は182議席を獲得し、ふたたびバジパイを首相とする連立政権が発足した。その後、カシミール地方の領有権をめぐるカシミール問題などで、パキスタンとの関係が悪化。2001年12月の武装グループによるインド国会襲撃事件で緊張が一気に高まるが、アメリカ、中国、ロシアなど各国の仲介もあり、緊張緩和に向かう。2003年4月カシミールを訪問しパキスタンとの関係正常化に向けた友好的発言を行い、5月にはインド・パキスタン間の民間航空機の運航再開を発表。2004年のインド総選挙で国民会議派に敗北、首相を退任した。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バジパイの関連キーワードアタル・ビハリ バジパイC.J. ジャヤラリタナワズ シャリフ12月25日バージペーイ中印国境紛争インドと中国

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android