コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バス型ネットワーク バスガタネットワーク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バス型ネットワーク

ネットワーク構成のうち、もっとも単純な配線方法で、すべての端末を1本のケーブルに接続する。ケーブルの両端には、ターミネーターを取り付けておく必要がある。初期のEthernetの10Base-2や10Base-5で用いられていた接続形態。レイアウト制約があること、端末の数や通信量が増えるとパフォーマンスが低下することから、現在はハブを中心に端末を接続する「スター型」が主流となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バスがた‐ネットワーク【バス型ネットワーク】

bus formed LAN》コンピューターネットワークの接続形態の一。バスと呼ばれる1本のケーブルに複数の端末や周辺機器を接続する。ケーブルの端には終端抵抗を設置して信号の反射を防ぐ。バス型接続。バス型。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バス型ネットワークの関連キーワードネットワークトポロジーネットワーク構成ターミネータ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android