コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バス型ネットワーク バスガタネットワーク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バス型ネットワーク

ネットワーク構成のうち、もっとも単純な配線方法で、すべての端末を1本のケーブルに接続する。ケーブルの両端には、ターミネーターを取り付けておく必要がある。初期のEthernetの10Base-2や10Base-5で用いられていた接続形態。レイアウトに制約があること、端末の数や通信量が増えるとパフォーマンスが低下することから、現在はハブを中心に端末を接続する「スター型」が主流となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バスがた‐ネットワーク【バス型ネットワーク】

bus formed LAN》コンピューターネットワークの接続形態の一。バス呼ばれる1本のケーブルに複数の端末や周辺機器を接続する。ケーブルの端には終端抵抗を設置して信号の反射を防ぐ。バス型接続。バス型。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例