コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バターン死の行進 バターンしのこうしんBataan Death March

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バターン死の行進
バターンしのこうしん
Bataan Death March

太平洋戦争中,バターン会戦で降伏したアメリカ=フィリピン軍将兵に対し,旧日本軍が行なった残虐な取扱い事件。 1942年4月にアメリカ=フィリピン軍が降伏し,日本軍は捕虜収容所へ移動させるために,マリベレスから 30km離れたバランガまで徒歩で行進させ,ここから 53km離れたサンフェルナンドまでトラックで移送する計画を立てた。しかし,食糧,トラックなどの用意が十分にできず,多くの者がサンフェルナンドまで4~5日かかって歩くことになった。そこからさらにカパスまで鉄道で運び,カパスからキャンプ・オドンネルまで 13kmを歩かせた。7万人中,目的地に達したのは5万 4000人でアメリカ兵 2330人を含む 7000~1万人が行進中に死亡,他は途中でジャングルに逃れたといわれる。戦後,当時フィリピン攻略軍司令官の本間雅晴中将が責任を問われ,アメリカ軍によって処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バターン死の行進

日米開戦から4カ月後の1942年4月、日本軍がフィリピン・バターン半島の米比軍基地を占領。米兵ら約8万人を捕虜にし、炎天下を約80キロ歩かせ、数千の死者を出したとされる。その後捕虜は日本や旧満州に送られ、強制労働でも大勢が命を落とした。

(2010-09-14 朝日新聞 朝刊 政治政策)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内のバターン死の行進の言及

【バターン攻略作戦】より

…このため日本軍は大きな損害をこうむったが,兵力の増強をえて4月上旬には同半島を攻略し,5月7日にはコレヒドール要塞を占領してフィリピン全域を完全に制圧した。なお,バターン攻略作戦の終了直後,日本軍は疲弊しきった捕虜を徒歩で移動させたため多数の死傷者を出し,また捕虜に対する暴行も行われたため,〈バターン死の行進〉として激しい非難を浴びた。【吉田 裕】。…

【本間雅晴】より

…太平洋戦争が開始されると,第14軍司令官としてフィリピン攻略作戦の指揮にあたったが,バターン半島に立て籠ったアメリカ・フィリピン軍を攻めあぐね,作戦終了後,予備役に編入される。敗戦後,アメリカ軍捕虜から多数の死者を出した〈バターン死の行進〉の責任を問われて,マニラで処刑された。イギリスでの勤務が長く,英米的な教養を身につけた数少ない陸軍軍人として知られている。…

※「バターン死の行進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バターン死の行進の関連キーワード太平洋戦争とフィリピンレスター テニー戦時下の加害行為フィリピン戦本間 雅晴バターン州日米開戦

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バターン死の行進の関連情報