コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッカス Backus, Isaac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッカス
Backus, Isaac

[生]1724.1.9. コネティカット,ノーウィッチ
[没]1806.11.20. マサチューセッツ,ミドルバラ
アメリカのバプテスト教会指導者,歴史家。 1746年会衆派教会から分離しバプテストとなった。 48~56年「ニューライト派」バプテスト牧師として働き,56年マサチューセッツのミドルバラにバプテスト教会を創立し死ぬまで運営にあたった。アメリカ独立革命に際しては,急進的な理論家として活動し,信教の自由を主唱。主著『ニューイングランドの歴史,特にバプテストと呼ばれるキリスト教宗派について』A History of New England,with Particular Reference to the Denomination of Christians Called Baptists (3巻,1777~96) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バッカス

ディオニュソスの別称バッコスのラテン語形Bacchusの英語読み。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

バッカス

イタリア、バロックの画家カラヴァッジョの絵画(1595頃)。原題《Bacco》。ワイングラスを手にした酒神バッカスが物憂げな眼差しを向けている姿を描いたもの。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

バッカス【Bacchus】

ディオニュソスの別名バッコスの英語形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバッカスの言及

【ディオニュソス】より

…彼にはまた小アジアのリュディア語に由来するバッコスBakchosの別名があり,ローマ神話ではこちらを採ってバックスBacchusと呼ぶ。バッカスはその英語読み。 神話では,彼はゼウスとテーバイ王カドモスの娘セメレSemelēの子とされ,人間の女を母とする彼がオリュンポスの神々の列に加わるまでの経緯が次のように語られる。…

※「バッカス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バッカスの関連キーワードダンカン(Isadora Duncan)ルーセル(Albert Roussel)バッカス(John Backus)ケアリー(Peter Carey)ベルトルド・ディ・ジョバンニバッカス・ナウア記法ピーター ケアリーディオニュソス型オリンポス十二神ベン ヘップナージョン バッカスチューリング賞レオン ドーデティツィアーノクルクシャンクラーゲルレーブFORTRANミケランジェロギリシア演劇バッカス記法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バッカスの関連情報