コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックル Buckle, Henry Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バックル
Buckle, Henry Thomas

[生]1821.11.24. ケント
[没]1862.5.29. ダマスカス
イギリスの歴史家。病身のため学校教育をほとんど受けることができなかったが,読書によって知識を獲得した。 1840~44年ヨーロッパ大陸を数回,61~62年エジプトを旅行,さらに中近東におもむいたが,途中熱病におかされて死没した。自然科学的方法を歴史に適用。主著『イギリス文明史』 History of Civilization in England (1857~61) は,日本にも明治初期に伝えられた。またチェスの名手としても有名。

バックル
buckle

尾錠 (びじょう) ともいう。ベルトや靴を締める留め具の一種。ベルトの一方の端にフレームと針を取付け,他端をこのフレームに通し,針を差込んで固定させる。針がなく,フレームの中心についたバーに他端をスライドさせるもの,ベルトの両端に金具をつけ,これをかみ合せるものなどもある。実用品であると同時に,衣服,靴,かばん,帽子などに幅広く応用される装飾品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バックル(buckle)

ベルト・靴などの留め金具。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バックル

英国の歴史家。ロンドンの富裕な商人の家に生まれ,生涯在野で歴史叙述に従事した。正規の教育はうけなかったが,父の死後,大陸旅行と広範な読書によって広い知識を獲得し,《イギリス文明史》(1857年−1861年)を著す。
→関連項目日本開化小史

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バックル【Henry Thomas Buckle】

1821‐62
イギリスの歴史家。ロンドンの富裕な商店主の子として生まれ,正規の学校教育はいっさい受けなかった。父の死後,大陸を旅行して広い知識と語学力を身につけ,ロンドンに居を構えて万巻の書を読み,《イギリス文明史》(1857‐61)を著した。風土などの自然条件を重視し進歩史観を唱えたこの著作は,明治初年の日本において数度にわたって翻訳・刊行され,ギゾーの《ヨーロッパ文明史》とならんで〈文明史ブーム〉を引き起こし,田口卯吉の《日本開化小史》や福沢諭吉の《文明論之概略》などに大きな影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バックル【buckle】

ベルト・靴などの締め金。実用と装飾を兼ねたものが多い。とめ金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

バックル

生年月日:1821年11月24日
イギリスの歴史家
1862年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

バックルの関連キーワードキッド(Benjamin Kidd)映画「アンブロークン」ガーター(靴下留め)バックル(留め金具)バックルー(公家)ロシア・バレエ団ターンバックルアンブロークンティーバックル仮面ライダーGバレニー諸島キャサリン妃アーバックル留め金の教会ディアギレフGIベルトガンメタルローファーファスナー強膜内陥術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バックルの関連情報