コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックル バックル Buckle, Henry Thomas

7件 の用語解説(バックルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バックル
バックル
Buckle, Henry Thomas

[生]1821.11.24. ケント
[没]1862.5.29. ダマスカス
イギリスの歴史家。病身のため学校教育をほとんど受けることができなかったが,読書によって知識を獲得した。 1840~44年ヨーロッパ大陸を数回,61~62年エジプトを旅行,さらに中近東におもむいたが,途中熱病におかされて死没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バックル
バックル
buckle

尾錠 (びじょう) ともいう。ベルトや靴を締める留め具の一種。ベルトの一方の端にフレームと針を取付け,他端をこのフレームに通し,針を差込んで固定させる。針がなく,フレームの中心についたバーに他端をスライドさせるもの,ベルトの両端に金具をつけ,これをかみ合せるものなどもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バックル(buckle)

ベルト・靴などの留め金具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バックル

英国の歴史家。ロンドンの富裕な商人の家に生まれ,生涯在野で歴史叙述に従事した。正規の教育はうけなかったが,父の死後,大陸旅行と広範な読書によって広い知識を獲得し,《イギリス文明史》(1857年−1861年)を著す。
→関連項目日本開化小史

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

パラグライダー用語辞典の解説

バックル

ベルトとベルトを結ぶ金具のこと。ハーネスチェストベルトレッグベルトなどに使われている。最近の物は殆どがクイックリリースバックル(ワンタッチバックル)になっている。簡単に取り外しが出来るが為にレッグベルト締め忘れの事故も起きており注意が必要だ。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バックル【Henry Thomas Buckle】

1821‐62
イギリスの歴史家。ロンドンの富裕な商店主の子として生まれ,正規の学校教育はいっさい受けなかった。父の死後,大陸を旅行して広い知識と語学力を身につけ,ロンドンに居を構えて万巻の書を読み,《イギリス文明史》(1857‐61)を著した。風土などの自然条件を重視し進歩史観を唱えたこの著作は,明治初年の日本において数度にわたって翻訳・刊行され,ギゾー《ヨーロッパ文明史》とならんで〈文明史ブーム〉を引き起こし,田口卯吉の《日本開化小史》や福沢諭吉の《文明論之概略》などに大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バックル【buckle】

ベルト・靴などの締め金。実用と装飾を兼ねたものが多い。とめ金。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バックルの関連キーワードグーチジェフリーズシーリーポープロンドン交響楽団ロンドン・シンフォニエッタロンドン橋落ちたキャムデンローランドソン《ロンドンなき後,あるいは野生のイギリス》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バックルの関連情報