コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトン・ルージュ バトンルージュ

2件 の用語解説(バトン・ルージュの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バトン・ルージュ

米国,ルイジアナ州南東部,ミシシッピ川に臨む同州の州都。後背農業地の中心で,砂糖,米,綿花の取引が盛ん。製油・化学工業も発達。1719年フランス人が建設。1815年米国領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バトン・ルージュ
ばとんるーじゅ
Baton Rouge

アメリカ合衆国、ルイジアナ州南東部の都市で、同州の州都。人口22万7818(2000)。ミシシッピ川の左岸に位置した河港で、周囲に広がる油田地帯の中心地として、多くの精油施設がある。石油のほかに天然ガスも産出し、石油化学合成ゴムアルミニウム、製紙、機械器具、食品加工などの工業が発達している。1719年にフランスが砦(とりで)を建設したことによって集落が建設された。バトン・ルージュという地名は、インディアン部族の境界を示す「赤い棒」(フランス語でbaton rouge)がこの地に立っていたことにちなむ。1762年にイギリス領となったが、79年にスペイン領、1815年に合衆国領となった。その後、1817年に町となり、49年に州都となった。南北戦争以前の住宅が多く残っており、ルイジアナ州立大学の所在地でもある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バトン・ルージュの関連キーワードニューオーリンズミシシッピ川ミズーリ川ミネアポリスディープサウスミシシッピルイジアナケイジャン料理ナッチェスカトリーナの被害

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バトン・ルージュの関連情報