コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナジウム触媒 バナジウムしょくばいvanadium catalyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナジウム触媒
バナジウムしょくばい
vanadium catalyst

五酸化バナジウム (→酸化バナジウム ) ,バナジン酸スズなどバナジウム系の触媒をいう。主として酸化反応の触媒として利用されるが,シリカゲル,石綿などを担体とすることが多い。ナフタリンの気相酸化による無水フタル酸の製造,アセトアルデヒドからの酢酸の製造,二酸化硫黄の酸化による接触式硫酸製造などでは,バナジウム触媒が用いられている。白金触媒に比較して価格が安く,不純物に対して抵抗性が大きいので,原料を高度に精製しなくてよい利点がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バナジウム触媒の関連キーワード八谷 泰造八谷泰造接触法

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android