コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナジウム触媒 バナジウムしょくばいvanadium catalyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナジウム触媒
バナジウムしょくばい
vanadium catalyst

五酸化バナジウム (→酸化バナジウム ) ,バナジン酸スズなどバナジウム系の触媒をいう。主として酸化反応の触媒として利用されるが,シリカゲル,石綿などを担体とすることが多い。ナフタリンの気相酸化による無水フタル酸の製造,アセトアルデヒドからの酢酸の製造,二酸化硫黄の酸化による接触式硫酸製造などでは,バナジウム触媒が用いられている。白金触媒に比較して価格が安く,不純物に対して抵抗性が大きいので,原料を高度に精製しなくてよい利点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バナジウム触媒の関連キーワード八谷 泰造八谷泰造接触法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android