コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフィン湾(読み)バフィンわん(英語表記)Baffin Bay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフィン湾
バフィンわん
Baffin Bay

カナダとグリーンランドの間にある。湾の幅は 112~640km。面積 68万 9000km2。 1616年 W.バフィンにより発見,命名された。南はデービス海峡を経て大西洋,北はナーレス海峡を経て北極海に通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バフィンわん【バフィン湾 Baffin Bay】

北アメリカ大陸北東部の内海。長さ1300km,幅450km。グリーンランド,バフィン島,エルズミア島などに囲まれた海域。南にデービス海峡,北にローブソン海峡などがあり,厳密にいうと湾ではなく,むしろバフィン海と呼ばれるべき形をしている。年間約8ヵ月は流氷で閉ざされ,夏季のみ航行可能である。1616年,アジアへの北西航路を探ったイギリス人W.バフィンが探検し,この名がつけられた。【正井 泰夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフィン湾
ばふぃんわん
Baffin Bay

カナダ北東部、エルズミア島とバフィン島とグリーンランドとの間に広がる湾。長さ(南北)約1300キロメートル、幅約450キロメートル。沿岸は山がちでフィヨルドが多く、北東岸を中心に氷河が湾に直接入り込んでいる。北の北極海とはケネディ海峡など、大西洋とはデービス海峡を経て通ずる。湾内は1年のうち8か月はパックアイス(流氷)に覆われる。1616年にW・バフィンにより探検された。[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android