コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフィン バフィン Baffin, William

2件 の用語解説(バフィンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフィン
バフィン
Baffin, William

[生]1584? ロンドン
[没]1622.1.23.
イギリスの航海家。 1612年北西航路の探索遠征に従い,13~14年スピッツベルゲン捕鯨会社に勤めた。 15年北西航路の発見を試み,ハドソン海峡を調査。 16年デービス海峡を北上,彼にちなんで名づけられたバフィン湾を見出し,北緯 78°余まで航行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフィン
ばふぃん
William Baffin
(1584ころ―1622)

イギリスの探検航海家。水先案内人として1612年初めて北極の北西航路探検に参加。1613年マスカビ社入社、漁場探検に携わったのち、1615年同社の北西航路発見航海で水先案内人を務め、カナダバフィン島を分けるハドソン海峡を探検した。翌年やはり同じ資格でデービス海峡を経てバフィン湾へ、自国の航海者ジョン・デービスが1587年到達した箇所より300マイル(約483キロメートル)深くまで進入、インドへ抜ける北西航路の存在を疑う見解を発表した。以後は東インド会社のため紅海、ペルシア湾を調査、1622年同湾キシム島ポルトガル軍攻撃に参加して負傷、死亡。月を見て緯度を算出したのは、記録されている限り彼が最初である。[越智道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バフィンの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バフィンの関連情報