コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフィン バフィンBaffin, William

2件 の用語解説(バフィンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフィン
Baffin, William

[生]1584? ロンドン
[没]1622.1.23.
イギリスの航海家。 1612年北西航路の探索遠征に従い,13~14年スピッツベルゲン捕鯨会社に勤めた。 15年北西航路の発見を試み,ハドソン海峡を調査。 16年デービス海峡を北上,彼にちなんで名づけられたバフィン湾を見出し,北緯 78°余まで航行した。 17~19年イギリス東インド会社に入り,イギリス領インドへの旅行を行い,紅海とペルシア湾を調査。 20年再び東方へ航行したが,ペルシア湾のキシムを攻撃した際戦死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフィン
ばふぃん
William Baffin
(1584ころ―1622)

イギリスの探検航海家。水先案内人として1612年初めて北極の北西航路探検に参加。1613年マスカビ社入社、漁場探検に携わったのち、1615年同社の北西航路発見航海で水先案内人を務め、カナダバフィン島を分けるハドソン海峡を探検した。翌年やはり同じ資格でデービス海峡を経てバフィン湾へ、自国の航海者ジョン・デービスが1587年到達した箇所より300マイル(約483キロメートル)深くまで進入、インドへ抜ける北西航路の存在を疑う見解を発表した。以後は東インド会社のため紅海、ペルシア湾を調査、1622年同湾キシム島ポルトガル軍攻撃に参加して負傷、死亡。月を見て緯度を算出したのは、記録されている限り彼が最初である。[越智道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バフィンの関連キーワードイワンウィレム宮本武蔵イワン森長可茶屋四郎次郎スピノラ上田藩寒河江城茶屋四郎次郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バフィンの関連情報