コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バランス・スコアカード balanced scorecard

4件 の用語解説(バランス・スコアカードの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

バランス・スコアカード

バランス・スコアカードとはビジョンと戦略を実現するために財務、顧客、業務プロセスなどの視点から戦略マップを作成してKPIを設定し、実施を管理する経営手法のことをいう。米ハーバード大学キャプラン教授らが開発した。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

バランス・スコアカード

業績評価の手法の1つ。株主価値の増大に直結する財務目標の視点に加え、顧客の視点、社内ビジネス・プロセスの視点、学習と成長の4つの視点から設定される各目標(objective)が、戦略達成に向けた階層的な因果関係に位置づけられ、実施される。バランス・スコアカードでは、企業の戦略が業績評価指標に結び付けられ、変換される。4つの視点でそれぞれ業績評価指標が具体化され、それを充足することが戦略目標の達成となり、最終的に企業目標(goal)達成が得られる。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

バランス・スコアカード

・Balanced Scorecard :BSC
・1992年ハーバードビジネススクールのロバート・S・キャプラン教授とコンサルタント会社社長のデビット・P・ノートン氏により「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌上に新たな経営管理・業績評価システムとして発表された管理・評価手法のこと。
・企業のもつ重要な要素が企業のビジョン・戦略にどのように影響し業績に現れているのかを可視化するための手法である。
・従来の財務分析による業績評価(財務の視点)に加えて、顧客の視点(企業からみるお客様、お客様からみえる企業)、業務プロセスの視点(製品のクオリティや業務内容に関する視点)、育成と成長の視点(企業のもつナレッジ(アイディアノウハウ)や従業員の意識・能力の視点)を加味した評価を行なうことで、過去の結果業績、企業のもつ有形資産無形資産、未来への投資、あるいは今を総合的に評価することができる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

バランス・スコアカード

BSC(Balance Score Card)。企業や組織の目標を定め、その実現のために個々の目標を設定、管理、評価する目標管理・業績評価の一手法です。人事マネジメント分野では「戦略的目標管理制度」と呼ぶケースもあります。米国で考案されて、発展した経営戦略ツールですが、日本でも導入を目指す企業や自治体が増えてきました。
(2004/12/27掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バランス・スコアカードの関連キーワードBTXglobeMBFR

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バランス・スコアカードの関連情報