コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリア機能 ばりあきのう

妊娠・子育て用語辞典の解説

ばりあきのう【バリア機能】

皮膚の持つ大事な機能体内の水分が皮膚から外に漏れだすのを防ぐ機能、さらに有害物(ウイルスや菌など)が皮膚から体内に入りこむのをブロックする機能です。内側と外側、両方から「バリア」しているのです。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリア機能
バリアきのう

身体の全表面を覆っている皮膚は強靭で弾力性に富み,外部からの刺激などに対して身体の内部を保護し,内部の水分などが体外に流出するのを防いでいる。こうした働きが皮膚のバリア機能である。皮膚の面積は大人の場合,平均で1万 6000m2あり,重さは体重の約 16%を占める。皮膚は,大きく分けると表皮真皮,皮下組織の3層から成る。表皮の表面にある角質層は死んだ細胞であるが,重要なバリア機能の役割を果たしている。痛みを感じないため,それが厚い壁となって,薬品,細菌などの外部からの侵入に対し内部にある真皮を保護している。また皮膚の表面にある皮脂膜も水の侵入や細菌の増殖を抑え,内部の水分の蒸発を防いでいる。さらに,表皮内にあるメラニン色素の働きにより,紫外線を吸収し,真皮への透過を防いでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バリア機能の関連キーワードオリーブオイルは超自然派のスキンケア商品皮膚疾患(湿疹、じんま疹、虫刺され)cornified envelope手・指皮膚炎(手湿疹/主婦湿疹)老人性乾皮症(皮膚のかさかさ)血管内皮細胞老人性乾皮症皮膚バリア細胞間脂質主婦湿疹顆粒層汗荒れCE

バリア機能の関連情報