コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリエテ 〈フランス〉variété

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリエテ
ばりえて
Varit

フランスの詩人・文芸批評家バレリーの評論集。全五巻。1924~44年刊。青年時に書いたレオナルド・ダ・ビンチ論ほか一編を除き、著者が文名確立後発表の論文、随想を集めたもので、「多様性」を意味する標題そのままに多様な主題にわたる。これを著者自身は「文学的研究」「哲学的研究」「準政治的試論」「詩論と美学」「詩人の回顧」の5種に分類している。文学とは言語能力の拡大、変形にあるとして、伝記的批評を退けた作家論、作品論。意識的文学制作方法論の主張。詩の発現メカニズムの明晰(めいせき)な解剖。あいまいさを拒否する自意識劇の精密な分析。また、近代の混乱を直視しヨーロッパ文明の未来を憂える文明批評など。「純粋詩論」「パスカル批判」は論争を引き起こしたこともある。そのいずれも明晰、典雅な文体による厳密な思考表現で貫かれ、20世紀前半期批評文学の最高峰と目されている。[清水 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バリエテの関連キーワードオッフェンバックブールバール劇バラエティヤニングスエベール清水ナナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android