コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルディーズ原則 バルディーズげんそくthe Valdez principles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルディーズ原則
バルディーズげんそく
the Valdez principles

企業の環境倫理原則。 1989年3月にアメリカ,エクソン社のタンカー「バルディーズ号」がアラスカ湾沖で座礁し,大規模な原油流出によって大量の海生動物が死亡した事件を教訓として提唱された。アメリカの環境保護団体 CERES (Coalition for Environmentally Responsible Economies) によって 89年9月に公表された。企業とその株主は環境に対して直接的な責任を有し,企業の利潤追求は地球の健康状態と保全をそこなわない限度において行われるべきことを基本理念としている。具体的には生物圏の保護,天然資源の持続的な活用,廃棄物の処理と削減,エネルギーの効率的利用,地域社会や従業員に与えるリスクの低減,安全な商品やサービスの提供,損害賠償責任,情報公開,環境問題担当役員の設置,評価と年次監査の 10項目から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バルディーズ原則【バルディーズげんそく】

1989年3月24日に米国アラスカ沖で座礁して米国史上最大規模の原油流出事故を起こした国際石油資本エクソン社の大型タンカー〈エクソン・バルディーズ号〉の名称を取って,〈環境に責任を持つ経済のための連合〉が設定した環境保全のための原則。
→関連項目海洋汚染

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バルディーズげんそく【バルディーズ原則】

環境に対する企業倫理の原則。 (1) 生物圏の保護、 (2) 天然資源の維持可能な利用、 (3) 廃棄物処理と減量、 (4) エネルギーの賢明な使用、 (5) リスクの削減、 (6) 安全な製品・サービスの販売、 (7) 損害賠償、 (8) 情報公開、 (9) 環境問題の専門家の任命、 (10) 環境監査。セリーズ(CERES)原則ともいう。 〔1989年にアラスカで原油流出事故を起こしたタンカーの名(Valdez)に由来〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バルディーズ原則の関連キーワードエクソン[会社]環境監査