コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンティ バンティBanti, Anna

3件 の用語解説(バンティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンティ
バンティ
Banti, Anna

[生]1895. フィレンツェ
[没]1985.9.2. ローマ
イタリア女流作家。本名 Lucia Longhi Lopresti。両世界大戦間のプローザ・ダルテ prosa d'arte (芸術散文) の手法を受継ぎ,抒情的な美文で,もっぱら女性の心理の内面を回想形式で描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バンティ
バンティ
Banti, Guido

[生]1852
[没]1925
イタリアの医師,病理学者。近代血液学の創始者の一人。病理解剖学研究所所長を 30年間つとめた。 1882年に貧血や白血球減少を伴う脾腫をバンティ病として記載したことで知られる (→脾性貧血 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンティ
ばんてぃ
Anna Banti
(1895―1985)

イタリアの女流作家。本名はLucia Longhi Lopresti。自伝的要素の強いエッセイ風の短編小説群から書き始めて、しだいに登場人物の心理に複雑な分析を加えながら、歴史上の人物や海外の生活に素材を求めた長編小説を著した。一貫した主題は社会の歪(ゆが)みのなかで差別された女性存在の描出にある。文芸誌『パラゴーネ』などの編集にもあたった。おもな長編小説は『アルテミージア』(1947)、『上海(シャンハイ)の尼僧』(1957)、『黄金の蠅(はえ)』(1962)など。ほかに『ロレンツォ・ロット論』(1953)がある。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バンティの関連キーワード深刻小説日清戦争朝鮮映画皮革工業松竹(株)観念小説文芸倶楽部指紋押捺制度世界女性会議グロムイコ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンティの関連情報