コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンティ バンティ Banti, Anna

3件 の用語解説(バンティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンティ
バンティ
Banti, Anna

[生]1895. フィレンツェ
[没]1985.9.2. ローマ
イタリア女流作家。本名 Lucia Longhi Lopresti。両世界大戦間のプローザ・ダルテ prosa d'arte (芸術散文) の手法を受継ぎ,抒情的な美文で,もっぱら女性の心理の内面を回想形式で描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バンティ
バンティ
Banti, Guido

[生]1852
[没]1925
イタリアの医師,病理学者。近代血液学の創始者の一人。病理解剖学研究所所長を 30年間つとめた。 1882年に貧血や白血球減少を伴う脾腫をバンティ病として記載したことで知られる (→脾性貧血 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンティ
ばんてぃ
Anna Banti
(1895―1985)

イタリアの女流作家。本名はLucia Longhi Lopresti。自伝的要素の強いエッセイ風の短編小説群から書き始めて、しだいに登場人物の心理に複雑な分析を加えながら、歴史上の人物や海外の生活に素材を求めた長編小説を著した。一貫した主題は社会の歪(ゆが)みのなかで差別された女性存在の描出にある。文芸誌『パラゴーネ』などの編集にもあたった。おもな長編小説は『アルテミージア』(1947)、『上海(シャンハイ)の尼僧』(1957)、『黄金の蠅(はえ)』(1962)など。ほかに『ロレンツォ・ロット論』(1953)がある。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンティの関連キーワードフィレンツェ方言フィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭フィレンツェ人文主義フィレンツェ洗礼堂フィレンツェ・モザイクフィレンツェ風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンティの関連情報