コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンバラ

2件 の用語解説(バンバラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バンバラ

マリ中西部を中心に広くサバンナに分布する民族。マリ帝国の末裔であり,17世紀にはセグーとカールタに王国を成立させた。現在のマリでは最大の民族。農業に従事し,父系氏族制社会。
→関連項目ケイタ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンバラ
ばんばら
Bambara

西アフリカ、マリ南部に住む農耕民。コンゴコルドファンニジェール・コンゴ)語族マンディンゴ語群バンバラ語を話す。人口は約293万。バンバラ語はこの地域の共通語としても重要である。祖先は古ガーナ王国を建設した。主として農耕を行い、雑穀のミレットトウモロコシ、ソルガムや、米、小麦などを栽培する。牛も所有するが、飼育は牧畜農耕民フルベフラニ)に任せている。漁業、狩猟も行う。交易は重要で、おもにイスラム教徒の手による。社会階層が存在し、戦士、自由民、奴隷のほか、鍛冶(かじ)屋、狩人(かりゅうど)、大工などが賤民(せんみん)カーストを構成し、さらにグリヨ(吟遊詩人)が最下層に位置する。父系血縁集団のまとまりが強く、夫方居住をとる拡大家族が基本単位となる。いくつかの父系リネージを含む村が集まって地域的まとまりをもち、世襲の首長がいる。首長は宗教的権威でもある。男女とも割礼(かつれい)が行われ、共同労働や祭儀をもつ年齢階梯(かいてい)制が存在する。[加藤 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンバラの関連情報