バーダラーヤナ(英語表記)Bādarāyaṇa

  • Bādarāyana
  • 前100―後1ころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]前100頃
[没]後1頃
インドの哲学者,宗教家。正統バラモン系統の哲学派ベーダーンタ学派の開祖とされる。祭祀の実行を究極の目的とする,ミーマーンサー学派の祖ジャイミニに対し,人生の究極目的を解脱であるとした。ベーダーンタ学派の根本経典である『ベーダーンタ・スートラ』も,彼に帰せられる場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

前1世紀ころの古代インドの哲学者。生年不詳。インド古来の伝統説によれば,インドで最も有力な哲学学派であるベーダーンタ学派の開祖であり,この学派の根本聖典《ブラフマ・スートラ》の著者とされる。しかし諸学者の研究によれば,彼は前1世紀ころ活躍したらしく,一方,現存の《ブラフマ・スートラ》は,おそらく400‐450年ころ,現在の形に編纂され,バーダラーヤナに帰せられたものと推定されている。【前田 専学】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドのベーダーンタ学派の哲学者。同学派の根本聖典『ブラフマ・スートラ』の著者と伝えられるが、実際にはそれ以前の人である。彼は、解脱(げだつ)を人生の目的と説き、その手段としてブラフマン(梵(ぼん))の認識をもっとも重視した。この彼の立場は『ブラフマ・スートラ』に受け継がれ、ベーダーンタ学派の基本的立場となった。そのため彼は後世この学派の開祖とみなされるようになった。

[島 岩 2018年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバーダラーヤナの言及

【六派哲学】より

…この真理を聖典によって明らかに知るとき,人は解脱を得るのである。400~450年ころに現在の形に編纂された《ブラフマ・スートラ》(バーダラーヤナ作と伝えられる)が根本経典。この学派の説は一般に一元論であるが,根本経典の解釈をめぐって,後世,シャンカラの不二一元論,ラーマーヌジャの制限不二一元論,バースカラの不一不異論などが展開された。…

※「バーダラーヤナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android