コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バールフットの欄楯 バールフットのらんじゅんBhārhut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バールフットの欄楯
バールフットのらんじゅん
Bhārhut

インド中部,サトナーの南方約 15kmのバールフットにあったシュンガ朝時代 (前 185~72) の大ストゥーパおよび欄楯の遺構。 1873年にイギリスのアレクサンダー・カニンガムが発掘。出土品の大部分はコルカタ (カルカッタ) のインド国立博物館が所蔵。もとは直径約 22mのストゥーパ,東西南北4基の塔門で四分された直径約 27mの欄楯 (玉垣) からなっていたが,現在は東門1基,欄柱 49本,笠石 15本が残る。それらの表面には一面にジャータカ仏伝図などの多種多様な浮彫が施され,美術史的に注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バールフットの欄楯の関連キーワードインド博物館世界図

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android