コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バールフットの欄楯 バールフットのらんじゅんBhārhut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バールフットの欄楯
バールフットのらんじゅん
Bhārhut

インド中部,サトナーの南方約 15kmのバールフットにあったシュンガ朝時代 (前 185~72) の大ストゥーパおよび欄楯の遺構。 1873年にイギリスアレクサンダーカニンガムが発掘。出土品の大部分はコルカタ (カルカッタ) のインド国立博物館が所蔵。もとは直径約 22mのストゥーパ東西南北4基の塔門で四分された直径約 27mの欄楯 (玉垣) からなっていたが,現在は東門1基,欄柱 49本,笠石 15本が残る。それらの表面には一面にジャータカ仏伝図などの多種多様な浮彫が施され,美術史的に注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バールフットの欄楯の関連キーワード久保恒造大気ブリッジウォーターエゴロワクロスカントリースキーザルカウィ死去兵庫県南部地震富士山カフラ王のピラミッドカルタゴ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone