コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルベ川 エルベがわElbe

翻訳|Elbe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルベ川
エルベがわ
Elbe

チェコではラベ Labe。ヨーロッパ中部を北西流して北海に注ぐ川。全長 1165km,流域面積 14万 4055km2。チェコ北端,ポーランドとの国境のクルコノシェ山脈 (ドイツ語ではリーゼン山地) に源を発し,まず南へ,次いで西へポラビ低地を流れ,さらに北西に向きを変えて,低地の西でブルタバ川を合流,ドイツとの国境をなすクルシュネホリ山地 (ドイツではエルツ山地) に入る。ここでザクセンのスイスと呼ばれる砂岩層の美しい峡谷をなし,以後はドイツのドレスデンマクデブルク,ウィッテンベルゲ,ハンブルクを経て流れ,クックスハーフェンで北海に注ぐ。 1949~90年には東西ドイツ国境の一部をなした。ハンブルクの下流約 100kmは幅広い三角江で,外航船が遡航でき,同市はヨーロッパ大陸最大の海港都市となっている。上流は 700tのはしけでもチェコのウースチーナドラベムまで,それ以下の船では支流ブルタバ川を経てプラハまで遡航できる。また北海=バルト海運河 (キール運河) ,エルベ=リューベック運河,ミッテルラント運河,エルベ=ハーフェル運河などの発達した運河網により,キール湾やリューベック湾を経てバルト海方面と,ハノーバーやオスナブリュックを経てドルトムント=エムス運河,およびルール地方などと,さらにはベルリン周辺を経てポーランドなどと広く結ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルベ‐がわ〔‐がは〕【エルベ川】

Elbe》ヨーロッパ中部を流れる川。チェコのボヘミア盆地の水を集めて北流し、ドイツを貫流、ハンブルクを経て北海に注ぐ。長さ1170キロ。→エルベ渓谷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルベ川
えるべがわ
Elbe

チェコからドイツを経て、北海へ流れ込む川。チェコ語ではラベLabe川。流長1170キロメートル、うち947キロメートルが舟運可能。流域面積は約14万8000平方キロメートル、うち3分の1がチェコ、3分の2がドイツに属する。チェコとポーランドとの国境をなすスデティ(ドイツ語名ズデーテン)山脈の南斜面に源を発し、ボヘミア盆地の水を集め、エルツ山脈東方のエルプ砂岩山地を貫いてドイツに入り、北西へ流れ、ハンブルクを経てクックスハーフェンで北海に注ぐ。河口部は幅の広い三角江をなす。おもな支流は、チェコではブルタバ(ドイツ語名モルダウ)川、オフジェ川、ドイツではムルデ川、ザーレ川ハーフェル川。本流に沿う主要都市はドレスデン、マクデブルク、ハンブルクなど。
 チェコのコリーンから下流は船が通じ、ドイツでは運河により西方のウェーザー川、ライン川、東方のオーデル川と結ばれ、エルベ・トラーフェ運河(エルベ・リューベック運河)でバルト海とも結ばれている。したがって内陸交通路として重要な役割を果たしてきた。ハンブルクから下流は大洋航行船が上下し、河口のクックスハーフェン港はハンブルクの外港である。[浮田典良]

歴史

カール大帝のザクセン征服により、カロリング帝国の東方国境はエルベ川と支流ザーレ川の線まで拡大され、以後10、11世紀を通じて、だいたいにおいてエルベ川がゲルマン人とスラブ人の居住地域の境界をなした。ザクセン朝、初期ザリエル朝の諸帝は、国境東方のウェンド人のキリスト教化と、その地域へのドイツの支配権の拡大を意図し、968年エルベ中流のマクデブルクに大司教座を置き、積極的な布教活動を展開した。またそれとともに、オットー1世はエルベ・ザーレ川とオーデル川に挟まれた地域に二つのマルク(辺境領)を設定し、ウェンド人からの貢租の徴収にあたらせた。これに抵抗してウェンド人は968年、1018年、1066年の三度にわたって反乱を起こし、エルベ以東のドイツの支配は崩壊した。1147年ハインリヒ獅子(しし)公の指導下に行われた対ウェンド人十字軍がウェンド人征服に成功した結果、エルベ川を越えてドイツ人の植民が本格的に開始された。植民活動の拠点となったのは都市の建設である。エルベ流域の主要都市には、河口付近のハンブルクや前述のマクデブルク、さらにドレスデンなどがあげられる。ハンブルクはリューベックと並んでハンザ同盟の指導的役割を果たし、マクデブルクも同盟の有力メンバーであった。ドレスデンはザクセン選帝公国の首府となり、18世紀前半のアウグスト2世のもとでヨーロッパ・バロック文化の一中心となったが、第二次世界大戦中、空襲により徹底的に破壊された。大戦末期、西から進んだアメリカ軍と、東から進んだソビエト軍とはエルベ中流のトルガウ付近で連係に成功し、互いに平和を誓い合った。これが「エルベの誓い」である。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エルベ川の関連キーワードチューリンガー・ワルトリューネブルガーハイデザクセンアンハルト州北海・バルト海運河フランケンワルトウェーザー[川]ブランデンブルクハーフェル[川]ウィッテンベルクブルタバ[川]リッターグートラウエンブルクエムス[川]エルスター川アルスター湖ウォルフェンザーレ[川]アルミニウスエルベ[川]マグデブルク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルベ川の関連情報