コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナマ会議 パナマかいぎ Congress of Panama

3件 の用語解説(パナマ会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナマ会議
パナマかいぎ
Congress of Panama

1826年 S.ボリバルの提唱により,新しく独立したラテンアメリカ諸国の平和と独立を維持するため,防衛同盟を結成しようとして開かれた会議。参加国は大コロンビア共和国,メキシコ中央アメリカ連邦ペルーの4ヵ国で,リオデラプラタ合州国 (現アルゼンチン) ,ブラジル,チリは出席せず,イギリスオブザーバーとして参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パナマかいぎ【パナマ会議】

1826年S.ボリーバルの提唱で開催されたラテン・アメリカ諸国による最初の国際会議。1824年末,当時グラン・コロンビア大統領であったボリーバルは,独立直後のラテン・アメリカ諸国に対しその独立を確保する手段について協議するための会議をパナマ市で開くよう呼びかけた。26年6月から7月にかけて開かれた会議に出席したのはメキシコ,中央アメリカ連邦,ペルー,グラン・コロンビアの4ヵ国で,ラ・プラタ連合(アルゼンチン),チリ,ブラジルは出席せず,イギリスとオランダがオブザーバーとして出席し,アメリカ代表は会議にまにあわなかったため出席できなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナマ会議
ぱなまかいぎ

南アメリカ独立の指導者シモン・ボリーバルの提唱により、1826年にパナマ市で開催された、ラテンアメリカ諸国による国際会議。当時独立したばかりのラテンアメリカ諸国は、スペインフランスなど神聖同盟諸国による再征服の危険に直面していた。それに対してボリーバルは、ラテンアメリカ諸国が団結し、同盟を結ぶことによって対抗しようとした。会議には、大コロンビア共和国、メキシコ、中央アメリカ連邦共和国、ペルーの四か国と、イギリス、オランダがオブザーバーとして出席し、ブラジル、チリ、ラ・プラタ連合は参加せず、アメリカも代表が途中で病死したことなどにより出席できなかった。会議では連合同盟条約が締結されたが、同条約を批准したのが大コロンビア共和国のみであったため、同盟は実現せずボリーバルの企図は失敗に終わった。パナマ会議は成功しなかったが、ラテンアメリカの団結と統一を試みた最初の国際会議として歴史的な意義をもつ。[加茂雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パナマ会議の関連キーワードCOMDEX万国平和会議シウダーボリーバルカイザーバルハーバルスリーSVOLLYボーボリ庭園オペラ・フェスティバルオルロのカーニバルシウダード・ボリーバルパン・アメリカ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone