コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパイヤ papaya

翻訳|papaya

デジタル大辞泉の解説

パパイヤ(papaya)

パパイヤ科の常緑高木。幹はふつう直立し、木質部が少ない。葉は幹の先に束になってつき、手のひら状に裂けている。切ると乳汁を出す。雌雄異株。果実は長さ約20センチの長円形で、黄色く熟し、多汁で甘い。果実を生食のほかジャムなどにする。熱帯アメリカの原産で、熱帯地方で栽培。パパイアパパヤ 夏》「怒濤裂(さ)け―玻璃(はり)の中に熟る/鶏二」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

パパイヤ

 [Carica papaya].パパヤ,モクカチチウリともいう.スミレ目パパイヤ科パパイヤ属の高木の果実.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パパイヤ
ぱぱいや
papaya
[学]Carica papaya L.

パパイヤ科の常緑の草本状低高木。熱帯アメリカ原産。高さ7~8メートル、径20~30センチ。幹は普通直立し、灰色で、葉柄の離脱部に大きな痕跡(こんせき)を多数残す。幹の内部は大部分が髄部で木質部は少ない。葉は長い葉柄をもち、7~9片からなる大きな掌状単葉で、幹の上部に互生して密につく。植物体全体にミルク様の白い汁液を含み、傷つけると液が出る。雌株、雄株、雌雄両性器官をもつ間性株の分化がみられる。雌花は雌株につき腋生(えきせい)で、各1~3花からなる。雄花は多数あって雄株の葉腋から出る長い穂状の花序の上につく。間性花は雌しべと雄しべをもち、間性株の葉腋に出る小花柄に2~3花をつける。間性花の雌・雄性発現の程度は個体差があり、環境によって変異し、雄性発現度は低温下では低下し、高温下では高まる。
 果実は虫媒によって雌性株と間性株とから得られる。果形は球、卵、倒卵、紡錘状その他があり、重さ0.2~3.0キロ、果皮は滑らかで熟すにつれ黄色から橙黄(とうこう)色となる。果実は収穫後3~4日間後熟させ、やや軟化したときが食べごろである。果心部は空洞で、果実の内壁に少数から多数の、アズキ大で灰黒色の種子をつける。種子はゼリー状の被膜に覆われる。果肉は厚く、黄白色、黄色、橙(だいだい)色、橙赤色などで、淡い香りがあり、多汁で甘い。果実は生食のほかジャム、砂糖漬け菓子、糖蔵などに用いられる。生食時にライムの汁と微量の塩を添加すると味を高める。果肉には酵素の一種パパインpapainを含み、肉といっしょに煮ると肉を軟化させ、生食すれば消化を助ける。未熟果を傷つけて粗製パパインをとるが、1本当り約450グラムが得られる。種子や葉には強心作用があるカルパインcarpainを含む。若果は漬物とし、また若葉や花蕾(からい)とともに野菜として用いる。種子は辛味があり香辛料とする。
 繁殖は普通は実生(みしょう)による。まれに接木(つぎき)も行うが、挿木は発根がむずかしく、あまり利用しない。また、移植を嫌うので直播(じかま)きが多い。畝(うね)幅、株間は2~2.5メートルとし、一か所に数粒播く。25度C以上の場合、播種(はしゅ)後10~15日で発芽する。3~4本を残し、開花を待って雌雄性を識別してのちに、1本立てとする。この際、雌性株に対しては、授粉用の雄性株を残すようにする。間性個体の場合は自殖によって結実するのでむだが省かれ、好都合である。15~18か月で収穫が始まり、ウイルスなど病気がなければ5~6年は収穫できる。1年に1樹から20~30果が期待される。今日よく栽培される品種であるソロsoloの系統は、ハワイの一年中温度変化の少ない環境で育成されたもので、間性の形質をもち、味もよく、大きさも適度である。日本では小笠原(おがさわら)、沖縄で栽培できるが、ウイルスの発生が多い。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パパイヤの関連キーワードマウイトロピカルプランテーションドール・フィリピン産パパイヤの日パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ果実をコラーゲンで包みましたパパイアインジェクションパパイヤインジェクションpapaya melonシステインプロテアーゼ七夜の願い星 ジラーチゴー・クアン・ハーイトラン・アン・ユンチチュウカイミバエトロピカルフルーツロイストン タン赤マルダッシュ☆沖縄県豊見城市アイトゥタキ島中嶌ジュテームタニンバル諸島カンザワハダニ

パパイヤの関連情報