コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パホン Phraya Phahon Phonphayuhasena

2件 の用語解説(パホンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パホン【Phraya Phahon Phonphayuhasena】

1888‐1947
タイの軍人政治家。本名はポット・パホンヨーティン。軍人の家系に生まれ,士官学校卒業後の1904年から足かけ10年間ドイツデンマークで軍事学を学ぶ。1919‐21年には日本に留学,西郷隆盛に傾倒したという。若手将校の間で人望があつく,絶対王制打倒を目標とする文武の少壮官僚を中心とした秘密政治集団〈人民党〉の首領に推された。非凡な指導力のもとに32年6月の立憲革命(人民党革命とも呼ぶ)を成功させた。33年6月から38年まで首相として,派閥抗争の絶えない人民党をまとめるとともに,立憲制のタイへの定着に貢献し,〈タイ立憲制の父〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

20世紀西洋人名事典の解説

パホン
Phraya Phahon Phonphayuhasena


1888 - 1947
タイの軍人,政治家。
元・タイ首相。
本名ポット・パホンヨーティン。
陸軍士官学校卒業後、ドイツ、デンマークに留学し軍事学を学ぶ。1932年秘密政治集団「人民党」の首領として立憲革命を成功させ、’33年首相就任。「タイ立憲制の父」と呼ばれ立憲制のタイへの定着に貢献。38年辞任。’42年訪日友好タイ特別使節団長として来日。汚職で私腹を肥やす政治家が圧倒的に多い中で、謙虚で無欲な人柄と終生の清貧な生活は異色な存在として国民に親しまれた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パホンの関連キーワードクレオン政治家陳毅バンチマリウススキピオピブン職業政治家ストラトクラシー益谷秀次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パホンの関連情報